毛に効果的な食事をされていますでしょうか?

毎日、外食ばかりやコンビニ弁当やカップヌードルばかり食べてはいないでしょうか?

偏った食生活をしていると、風邪に引きやすくなったり、貧血になったり体に悪影響があるように、抜け毛が多くなったり、ハリやコシが無くなったりフケが多くなったり悪影響がでますよね。

つまり育毛と食事には、とても深い関係があるんです。

それでは育毛と食事の深い関係性について、解説したいと思います。

food

そもそも髪の毛は何でできているのか?

髪の毛の主成分の99%は、18種類ものアミノ酸の結合でできていている「ケラチン」というタンパク質で作られています。

つまり、良質なタンパク質を多く摂ることが重要になります。

また、効率良くアミノ酸を合成できるようにビタミンや鉄分、ミネラルといった栄養素をバランスよく摂る必要があります。

昨今、「炭水化物抜きダイエット」や「朝食プチ断食」といったダイエット方法等がありますが

こういった偏った食事を続けると髪の毛のツヤがなくなったり、パサパサになったりしたという方がいると思います。

それは、タンパク質を含めいろんな栄養素不足によることが原因です。

では、具体的に何を食べれば育毛・発毛に効果があるのかをご紹介したいと思います。

育毛に効果的な栄養素を多く含む食べ物とは?

良質なタンパク質

髪の99%はタンパク質でできています。18種類ものアミノ酸が結合して作られたケラチンというタンパク質です。

このケラチンというタンパク質が不足することで髪の毛が細くなってしまいます。

おすすめのタンパク質の摂取に効果的な食材・・・「大豆」

良質なタンパク質を多く含む食べ物には、畑の肉と言われる「大豆」や低カロリーで高タンパクな「鶏肉」が

髪の毛の成長に効果的な食材になります。

その他にも、豆腐、白身魚、レバー、卵、牛乳やチーズとなどの乳製品です。

ちなみに私は毎朝、豆乳と納豆を食べるようにしていました。

ビタミンA

抗酸化用を持つビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫に保つ働きがあり

新陳代謝を促し頭皮の乾燥やフケ・痒みを防ぎます。

乾燥肌の人はしっかりと摂っておきたいビタミンですね。

ビタミンAを含む食べ物には、ブロッコリーやほうれん草といった緑黄色野菜です。

おすすめのビタミンAの摂取に効果的な食材・・・「緑黄色野菜」

緑黄色野菜には、ビタミンAが多く含まれる食材が多いです。その中でも特に、ブロッコリーや人参、ほうれん草やモロヘイヤなどに豊富に含まれれています。

また、赤ピーマンや黄ピーマン、パセリはビタミンCも豊富に含まれていて

亜鉛や鉄分の吸収を助けてくれる栄養価の高い食材です。

ビタミンAは加熱すると分解されてしまうので加熱する場合は、

脂に溶けやすいの性質があるので油を入れて炒めると分解されずに栄養を摂ることができます。

ビタミンB群

ビタミンB群とは、ビタミンB1、・B2・B6・B12・葉酸・パントテン酸をまとめてビタミンB群と呼ばれています。

ビタミンB2には、皮膚の過剰分泌を抑えたり細胞の新陳代謝を促進させ、ビタミンB6は摂取したタンパク質の吸収を促すといった育毛にはとても効果があります。

この2つのビタミンだけでなくビタミンB群は育毛する上で、どれもとても必要な栄養素であるのでバランスの良い摂取することをオススメしますね。

おすすめのビタミンB群の摂取に効果的な食材は・・・「レバー」

レバーはたくさんのビタミンを含んでいる万能な食べ物なんです。1日にたったの50グラム摂取するだけで

成人の1日に必要なビタミンAとビタミンB2をまかなうことができるほどです。

さらにタンパク質や鉄分といった髪の毛に良い栄養素もあり、かなり優秀な食材であります。

レバーはちょっとクセがあり、苦手という方もおられると思います。

そんな方にはカツオやマグロ、サバといった青魚類ががおすすめです。

これらの魚はビタミンB6を多く含むだけでなく、大豆にも匹敵するくらいの高タンパクな食べ物で育毛には最適な食べ物なのです。

kaki

ミネラル

ミネラルとは、塩分やカリウム、鉄分、亜鉛、銅、ナトリウムといった物質のことを指します。

その中でも、特に鉄分と亜鉛は育毛には欠かすことのできない栄養素です。

 

鉄分は血液の中で酸素を運ぶために働いてる赤血球の色素であるヘモグロビンを作るために使われるミネラルです。

このヘモグロビンが酸素と結びついて、体中の細胞に酸素を届けているのです。

髪の毛も元は毛母細胞の分裂によって成長していきます。

つまり、鉄分不足によって血液が酸素を運ぶことができず、頭皮の血行を悪くしてしまい

結果として、細胞の働きを弱くしてしまっているのです。

さらに鉄分は、非常に体内に吸収されにくい栄養素で、摂取した10%しか吸収されません。

しかし、これを助けてくれるのが野菜や果物に多く含まれるビタミンCなんです。

ビタミンCを一緒に摂ることで、体内に鉄分が吸収されやすくなるので一緒に摂るようにすると良いでしょう。

 

次に亜鉛についてですが、先ほど髪の毛の99%を構成している「ケラチンタンパク質」について説明しましたが

亜鉛は体に摂取したタンパク質をケラチンタンパク質に再構成する働きをします。

つまり、どれだけ良質なタンパク質を摂っていたとしても亜鉛が不足していたら

髪の毛の成長に繋がらないということです。

また亜鉛は古くから「育毛ミネラル」と呼ばれ、男性ホルモンの過剰分泌による脱毛を抑える効果もあります。

また、亜鉛は鉄分と同じくとても体内に吸収されにくい栄養素であるので

ビタミンCを食べて吸収しやすくしましょう。

 

おすすめのミネラルの摂取に効果的な食材は・・・「牡蠣」

海のミルクと言われる牡蠣ですが、牡蠣にはミネラルの他にアミノ酸も豊富に含まれていてとても栄養価の高い食材です。

牡蠣は冬に食べる物というイメージがありますが、品質改良により年中食べれるようになりました。

それにともなって、最近では牡蠣専門店(オイスターバー)が増えてきたので、食べる機会があれば好んで食べましょう。

ただ、牡蠣を毎日食べるのはさすがに厳しいと思います。

その他におすすめの食べ物は、よく育毛・発毛には良いと言われる海藻類です。

海藻にもミネラルの他にも亜鉛やカルシウムが豊富に含まれていまれていてこちらも栄養価の高い食材であります。

お味噌汁の具材にしたりうどんやラーメンに入れたりと、とてもお手軽に摂ることができますね。

 

まとめ

育毛に効果的な必要に栄養素について話してきましたが、いかがでしょうか?

いくら、髪の毛にミネラルが効果的だから、ワカメさえ食べていても髪の毛は一向に生えてきません。

育毛は、髪の毛の材料となるタンパク質を多く含む大豆や魚、それを支えるミネラル、ミネラルの吸収を支えるビタミン類をバランスよく食べることによって効果を発揮します。

バランスの良い食事を心がけることが、育毛の第一歩です。