育毛剤には、副作用があることはご存知でしょうか?

薄毛や抜け毛でお悩みの方であればとても心強い見方でありますが、使い方を間違ったり、成分が自分の身体や頭皮に合わなかった場合には、副作用を起こしてします可能性があります。

今回は、正しい育毛活動ができるように副作用の成分や原因、安全な育毛剤について解説したいと思います。

hukusayou

育毛剤の副作用

成分別に、副作用の症状を見ていきたいと思います。

ミノキシジル成分による副作用

育毛剤の副作用の原因となることが多いのが、「ミノキシジル」という成分です。この成分は直接髪の毛を増やす成分ではなく、血管を拡張することによって血液の回りを良くして、結果として髪の毛が成長するという間接的な成果を出す成分です。

もともと、このミノキシジルは高血圧の患者に血管を拡張するためのものとして使用されているため、発毛以外の効果が体に現れることがあります。

それが、ミノキシジルの副作用なのです。

健康な人や、もともと低気圧の人が副作用によって、血圧が下がりめまいや吐き気、頭痛、手のしびれ体重増加、ニキビ、胸の痛みといったさまざま症状が出てきます。

ミノキシジルを含む代表的な育毛剤は「ロゲイン」「リアップ」です。

「ロゲイン」「リアップ」を使用して、症状を訴えた人が500件以上ということで、やはり副作用を感じている人は多いようですね。

肌はとってもデリケート

ミノキシジルで最も多くの方が育毛剤を使って副作用を感じているのが、頭皮のかゆみやニキビや吹き出物、発汗といった肌アレルギーです。

ミノキシジルには「プロピレングリコール」という溶剤が含まれています。

これが要因で頭皮や肌がアレルギー反応を起こして頭皮にかゆみが出たり、湿疹がでる場合もあります。

確かに、効果はあるかもしれませんが上記であげたような副作用を感じて育毛活動をしていても、ストレスが溜まるだけですのであまりおすすめはできませんね。

フェナステリド(プロペシア)成分による副作用

ミノキシジル程ではありませんが、副作用を起こす成分としてあげられるのが「フェナステリド」とう言う成分です。

フェナステリドは別名「プロペシア」と表記されていることがあるので、確認する際は注意してみてくださいね。

フェナステリドの主な副作用には、男性ホルモンに影響を与える成分が含まれているため性欲減退や精子の数の減少、勃起不全が起こる可能性があります。

また、だるさ、食欲不足といった症状も見られる場合があります。

yanami

安全で安心な育毛剤とは?

育毛剤な毎日使うものなので、副作用なく毎日安心して利用できるものを選びたいですよね。

育毛剤を買うときには、必ず成分表を確認してミノキシジルやフェナステリド(プロペシア)が使われていないか、どれだけの量が含まれているのかをしっかりと確認する必要がありますね。

一番安全であるのは、天然成分配合で無添加・無香料の育毛剤です。

頭皮や身体への影響を与えずに育毛活動を行うことができます。

「天然素材だとどうしても医薬品に比べると効果が弱いのではないのか?」と思う人もいらっしゃるかと思います。

しかし、今の天然素材の製品でも、しっかりと育毛に効果のある製品が日本でも販売されています。

育毛活動は、日々の積み重ねがとても大切になります。

自分に合わない育毛剤を副作用があるにも関わらず、育毛のために無理して使用してもストレスを感じるだけで楽しく育毛活動ができません。

毎日使っても体への影響がない物を選ぶのが大切です。

副作用がなくて安全な育毛剤をご紹介

私が、今までに使ってきた中で一番副作用を感じずに育毛の効果を感じた育毛剤は「チャップアップ」です。

この育毛剤には、海藻エキスM-034と言われる副作用なないが、ミノキシジルと同じおうな育毛効果がある成分が含まれています。

また、チャップアップサプリには、ノコギリヤシと呼ばれるこれまた副作用はないが5αリダクターゼを抑制して抜け毛や薄毛の進行を抑える天然成分も含まれています。

何も副作用を気にせずストレス感じることなく毎日楽しく育毛活動ができるようになりました。

もっと詳しくチャップアップについて知りたい方のために公式サイトを載せておきました。

興味がございましたらご覧ください。

cu_button_new