朝起きたときに、枕元や布団シーツに大量の抜け毛がついていたり、シャンプー後に排水溝にたくさん詰まっている抜け毛の量をみて、ビックリすることはないでしょうか?

急に抜け毛が増えると、「ヤバイ!ハゲるのでは?」「薄毛の前兆なの?」と不安になりますよね。

抜け毛の量が増える時期が、季節によって実は変化します。

今回は、抜け毛の多い時期いつなの?薄毛になりやすい季節の原因と対策、予防方法について詳しく解説していきたいと思います。

ぜひ、最後まで読んでいただき春夏秋冬それぞれの季節の対応策を学び実践していただきたいと思います。

四季

目次

髪の毛は時期によって抜ける量は変化するの?

疑問文

髪の毛は、普段の私生活の中で毛が抜け落ちるので、いつ抜けているとかそんなに気にならないですよね。

しかし、髪の毛は時期によって抜ける量が変化するということは知っていましたでしょうか?

急にシャンプー時に手に絡まる抜け毛が多くなったりすると、ハゲるのでは?と不安になるかと思います。

結論から言いますと、抜け毛は時期によって全く毛が抜ける量が変わります

では、なぜ抜け毛が時期によって変化する原因について詳しく見ていきましょう。

髪の毛は私生活の中で抜けているのは本当なの?

私たちは、私生活の中で知らない間に毛が抜けているためそんなにぬけていること気がついていません。

部屋を掃除した時に、たくさんモップについていたりや掃除機が吸っているをみて、「こんなに抜けているの?!」と驚く人もいるのでは無いでしょうか?

シャンプーや睡眠中だけでなく、日々の生活のなかで実はたくさん毛が抜けていました。

まずは、髪の毛が抜けるメカニズムについて詳しく解説していきたいと思います。

男性・女性の髪の毛の量は平均どれくらいなの?

髪の毛

男性・女性問わず、平均して髪の毛の量はどれくらいなのでしょうか?

日本人の男性女性問わず、平均して10万本と言われています。人それぞれ、髪の毛が生えている部分が違ったりや頭の大きさなどで髪の毛の量は前後しますので、多い人で13万本くらいは生えています。

1日平均でどのくらいの本数抜けているの?

そもそも、髪の毛は1日平均でどのくらいの本数抜けているのでしょうか?

実は、男性女性問わず、1日平均50本から多い人で150本程度抜けています。1日の生活の中でそれだけ多くも毛が抜けているの?と驚いている人も多いのではないでしょうか。

1日平均して50本~150本も髪の毛が抜けるのには、ヘアサイクルが関係しています。

成長期・交代期・脱毛期と変化するヘアサイクル(毛周期)

ヘアサイクル

ヘアサイクルとは、成長期=>退行期=>休止期=>成長期=>退行期・・・・と繰り返すのサイクルをヘアサイクル(毛周期)といいます。

ですので、髪の毛はヘアサイクルが終わった髪の毛は、正常だったとしても6年くらい経つと寿命で自然と抜けていくと言うことです。

毛が抜けた後は終わりではなく、髪の毛を生成している毛母細胞で再び髪の毛が作りられ、太く丈夫な髪の毛が生えてきます。

これが、ヘアサイクルのメカニズムになります。

1日50本~150本抜けても薄毛にはならないの?

絡まる抜け毛

1日に、50本も多い人で150本も抜けていると薄毛になるのではないの?と思う方もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、1日に例え150本抜けたとしてもそれは自然脱毛ですので、全く薄毛になる心配はしなくても大丈夫です。

10万本も平均で生えているので、100本は0.01%なので1日150本抜けたとしても、全く問題ありません。

注意!抜け毛の毛根が黒いと薄毛の前兆かも?

1日、150本抜けても大丈夫と言う解説をしましたが、抜け毛の質によっては薄毛になる可能性があります。

枕元に抜けた髪の毛や、排水溝に詰まった抜け毛の根元を一度確認して見てください。もし、万が一毛根が白くふっくらしておらず、黒くなっていた場合は薄毛になる前兆の可能性が高いです。

そういった場合は、今すぐに対策をすることをおすすめします。

毛根の状態の見分け方について詳しくコチラの記事でも解説していますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

【育毛剤カレッジ関連記事】

=>抜け毛の毛根が白いと薄毛になりやすい?!ハゲやすい根元とは?

季節の変わり目は抜け毛が増える?抜け毛が多い時期は?

髪の毛は、私生活の中で毎日毛は自然と抜けていっていると言うことが分かりました。

しかし、毎日同じ量の髪の毛が抜けていると言うわけではありません。実は、季節によって抜け毛が多い時期というものがあります。

どの季節が抜けやすい時期なのかについてまずは詳しく解説していきたいと思います。

春と秋は抜け毛が増える季節!グラフ付き

抜け毛多くなる時期はいつなのでしょうか?グラフを一緒に見ていきましょう。

抜け毛グラフ

グラフを見て分かる通り、春夏秋冬の中で秋が1番季節は抜け毛が多くなる季節と言われています。確かに、秋先になると抜け毛が多くなったなと感じる方もいるのではないでしょうか?

季節の変わり目になぜ、抜け毛が多くなるのでしょうか。季節特有の抜け毛の原因と対策方法を見ていきたいと思います。

例外!女性は産後半年は抜け毛が増える

1つ、抜け毛が多くなる時期で、女性の場合例外があります。

女性の場合、子供を産んだ産後の後は、女性ホルモンのバランスが崩れるために、一時的に抜け毛が半年から1年程度抜ける時期があります。

産後の抜け毛は、女性ホルモンの崩れが原因ですので、季節とは関係なく多くの量が抜けてしまいます。

秋の季節に1番抜け毛が増える原因とは?

aki-compressor

具体的に、なぜ秋の季節に抜け毛の量が増える原因について見ていきたいと思います。意外な原因で秋の季節に特に抜け毛の量が増えているのです。

原因①:夏の強い紫外線による頭皮環境の悪化

日本の四季では、秋の前に暑い夏がきますよね。この暑い夏は1年で1番紫外線が強い時期でもあります。

実は、強い紫外線を頭皮に浴びてしまうと、髪の毛を作る上で必要なシステイン(タンパク質の一種)がダメージを受けてしまいます。

強い紫外線によって、アミノ酸システイン(タンパク質の一種)が結合が外れてしまい、髪が弱くなったり、枝毛・切れ毛となってしまうのです。

また、暑い日差しによって頭皮まで日焼けしてしまうことで、頭皮の細胞にもダメージが与えられてしまい弱ってしまうことも原因で抜け毛が秋に増えてしまうのです。

原因②:夏バテによる栄養バランスの崩れ

夏になると、あまりの暑さに寝れなくなったり、室内や電車の中ではエアコンがガンガンにきいていて外は暑い状態と気温の差で引き起こされるのが、夏バテです。

どうしても、夏バテになってしまうと、食欲がなくなってバランス良く栄養を摂ることができなくなりますよね。

髪の毛は、タンパク質や亜鉛、カルシウムなどたくさんの栄養素を元に生成されているので、夏バテによる栄養不足が秋に悪影響を及ぼしてしまうのです。

原因③:汗による頭皮の蒸れ

夏はどうしても、暑いので体の体温を下げるためにたくさんの汗がでます。これは、体の調子を整えるためにでているので汗が出ることは仕方が無いことです。

しかし、この汗をとらずにずっと頭皮が濡れてしまうと、頭皮に雑菌が繁殖してフケやかゆみ、頭皮ニキビといった頭皮トラブルの原因になります。

春の季節に抜け毛が増える原因とは?

sakura-compressor

秋の季節特有の抜け毛の原因について解説してきました。

抜け毛のグラフを見ると、春は抜け毛が少ないように見えますが、春には特有の抜け毛の原因があるため、春先に抜け毛が増えた感じる人が多くいます。

春の抜け毛の原因はいったいなんなのでしょうか?

原因①:環境の変化によるストレス

春といえば、高校、大学への進学や引っ越し、社会人であれば、会社に働きはじめる、転職・転勤、引っ越しなど新しい事が多い季節ですよね。

どうしても、生活環境が変わってしまうと、これまで生活してきたリズムと変わってしまうため、環境変化によるストレスを感じる事が多くなります。

ストレスを溜めすぎると、自律神経が乱れるために、血行不良を起こしてしまい抜け毛の原因につながります。

抜け毛と血行不良の関係性とは?

血行不良と抜け毛は関係あるの?と思った人もいるかと思います。

食べ物から摂取した栄養は、血管を通って頭皮にある毛乳頭細胞という髪の毛を作るもとになる細胞に届けられ生成されます。

そのため、血行不良に陥ると、血液循環が悪くなり、栄養が十分に届かなくなってしまうのです。

原因②:花粉によるアレルギー反応による頭皮トラブル

花粉アレルギー

冬から春先になると、だんだん暖かくなりスギ花粉などが流行る時期になってきます。

くしゃみがでたり、鼻水がでたり、目が痒くなったりする免疫系のアレルギー反応の場合、細胞に炎症が起こる場合があります。

その細胞が頭皮であった場合に、細胞の働きが弱くなり抜け毛を引き起こしてしまうのです。

夏と冬にも抜け毛が増える原因はあるの?

秋と春の季節に抜け毛が多くなる原因について解説してきました。

では、夏や冬に抜け毛が増えた場合はどのような原因がかんがえられるのでしょうか?夏と冬の季節に抜け毛が多くなる原因について詳しく解説していきたいと思います。

夏の抜け毛の原因:6月の梅雨で頭皮が蒸れる

夏への季節の変わり目に抜け毛が、以前より増えたなと感じる人も中にはいるかと思います。

夏の抜け毛の量が増える原因には、6月の梅雨による頭皮環境の悪化があります。梅雨の時期ですと、急な雨や湿気で髪の毛が濡れてしまうことってありますよね。

例えば、部活でサッカーやラグビーをしている学生や、工事現場で雨の中で働いている人などは、梅雨の時期は多くどうしても濡れてますよね。

頭皮が濡れたままにすると、汗と同じ原因でフケが出たりかぶれたりと頭皮環境を悪化を招いて抜け毛の原因になります。

冬の抜け毛の原因:寒さによる頭皮の乾燥と皮脂の分泌

冬の時期になると湿気が少なく肌が乾燥しますよね。実は、肌だけでなく頭皮も乾燥しているのです。

頭皮が乾燥すると、血行不良を引き起こし頭皮全体に栄養が届きにくくなり、細く弱った髪の毛を生成してしまう原因になります。

また、頭皮が乾燥することで、過剰に毛穴から皮脂が分泌してしまいます。

この過剰に分泌された皮脂によって、頭皮環境の悪化を招いていしまいます。

抜け毛の量が多い時期の対策方法は?

抜け毛が多い季節の抜け毛の原因についてそれぞれ解説してきました。では、次に抜け毛が多い時期の対策方法について詳しく解説していきたいと思います。

抜け毛が増えるので、薄毛になる可能性は低いですが、年齢を重ねていくうちにどうしても薄毛になるのでは?と不安になりますよね。

大切な髪の毛が、できるだけ抜けないように適切な対策をして多く抜けるのを未然に予防しましょう。

抜け毛対策①:生活習慣の改善

まず第一に改善するべきところは、生活習慣の見直しです。

どうしても大学生や、働きだしてしまうと、偏った食生活をしたり、勉強や仕事で十分に睡眠がとれないということがあるのではないでしょうか?

先程も説明した通り、髪の毛を生成するにはたくさんの栄養素が必要になります。

ですので、毎日コンビニ弁当やカップ麺で済ましてしてしまいがちな人は、なるべくバランスを考えて摂取するようにしましょう。

また、睡眠もとても重要です。

髪の毛は、22時~2時までの間をゴールデンタイムと言うように、この時間帯にもっとも多くの成長ホルモンが分泌され成長しまう。

さすがに、22時に寝るのは難しいとおもいますので、0時までには、寝るようにしましょう。

抜け毛対策②:適度な運動をしてストレスを溜めない

運動

普段適度な運動を取り入れていますでしょうか?

平日のストレスを溜め込みすぎないために、週末には適度な有酸素運動を取り入れることをオススメします。

有酸素運動というのは、ジョギングや、ウォーキング、スウィミングといった運動のことを指します。

有酸素運動することで、ストレスの発散だけでなく細胞が活性化されて血行の流れが良くなる効果もあります。

抜け毛対策③:お酒やたばこを控える

あなたはくお酒を飲んだりたばこを吸ったりしますでしょうか?実は、飲酒、喫煙は髪の毛の成長を妨げてしまいます。

お酒に含まれているアルコールを分解するために、髪の毛の生成に必要な成分が使われてしまうため、過度な飲酒をしてしまうと栄養不足を招いてしまいます。

また、たばこに含まれるニコチンには、血管を収縮してしまうという影響があるために、血行不良を引き起こしてしまいます。

飲酒、喫煙ともなかなか急に辞めると言うことはできないと思いますので、量を減らすようにしましょう。

【育毛剤カレッジ関連記事】

=>薄毛・抜け毛の原因は喫煙だった!ハゲとタバコの関係と改善方法

今日からできるヘアケアは?時期による抜け毛予防

抜け毛の多い季節の対策、予防方法について詳しく解説してきました。

次に、すセルフヘアケアの方法についても解説していきたいと思います。しっかり対策して、予防もすれば、抜け毛の量を減らすことができるでしょう。

予防①:頭皮マッサージをする

頭皮マッサージ

抜け毛の予防や頭皮環境の改善に、頭皮マッサージはとても効果的な方法です。

シャンプーの時や湯船に入っているときに、頭皮マッサージをすると頭皮の細胞が活性化して血行の流れが良くなります。

マッサージをする時のポイントですが、指の爪ではなく指のお腹の部分でちょっと気持ち良いなと感じるくらいの強さでマッサージをするようにしましょう。

ブラッシングをすることでも、頭皮のマッサージや汚れを落とすことにもなるので取り入れてみると良いでしょう。

【育毛剤カレッジ関連記事】

=>頭皮が固いと薄毛になる!?固い頭皮を柔らかくする3つの方法!

=>抜け毛予防、発毛促進に効果的なツボ4選!

予防②:湯船に浸かる

普段は、忙しかったり面倒でシャワーはするけどなかなか湯船には入らないなという方もいるのではないでしょうか?

湯船に浸かることで、体全身が温まり血行が促進されます。

また、湯船に浸かることでその日の疲れを流しストレスを発散することもできます。毎日はさすがに無理だなと思う人も、週末や、時間のある日には入ってみることをオススメします。

予防③:弱酸性のシャンプーを使う

シャンプー

抜け毛の量を減らすために、今あなたが使っている育毛シャンプーを見直してみましょう。

CMや広告でたくさん目にするようなアルカリ性のシャンプーは、とてもサラサラになりシャンプー後の香りも良いと思いますよね。

しかし、こういったアルカリ性のシャンプーは洗浄力が強すぎて、頭皮には強すぎる成分が入っている事があります。

自分に合わないシャンプーを使っていると、フケやかゆみの原因にもつながります。

もしフケやかゆみがあるなと言う人は頭皮環境に優しく、刺激の弱い弱酸性のシャンプーを使うことをおすすめします。

=>育毛剤カレッジおすすめの育毛シャンプーはこちら!

予防④:育毛剤を使う

食生活や睡眠時間の改善、適度な運動を継続をどうしてもできないことってありますよね。どうしても忙しかったり飲み会がたくさんあったりして自分でしようと思っていても改善できないこともあるかと思います。

そんなあなたに、おすすめなのは育毛剤を使い予防・対策をすることです。

育毛剤でれば、髪の毛の成長に必要な栄養素や、頭皮の血行を促進する成分、頭皮環境を整える成分など、抜け毛の原因に効果的な成分が配合されています。

育毛剤であれば、毎日1回数分で抜け毛対策をすることができるので、忙しい方やハゲる前に予防したいという方にはおすすめですね。

薄毛になりやすい季節の原因と対策方法のまとめ

薄毛になりやすい季節の原因と対策方法について四季ごとに分けて解説してきました。

急に抜け毛が増えると、薄毛になるのではとドキッとすることもあるかと思います。抜け毛が多くなりやすい原因が変わったので、季節に応じて対策をしていきましょう。

ただそろそろ薄毛がきになりだしてきたな、抜け毛がずっと増えてきたなと感じる人は、季節でなくハゲる前兆の可能性もあります。

育毛剤でハゲる前に、予防対策をしたい方のために、下におすすめの育毛剤を厳選しておきました。

ぜひ、予防・対策をしたいなという人は参考にしてみてくださいね。

 

ranking

1位:チャップアップ
cuimg
・定期便で月々9090円と予算が1万円以下で抑えたい方におすすめ

・全55種類もの薄毛・抜け毛に効果のある育毛成分とナノ化水によって頭皮に浸透しやすい。

・副作用なく「ミノキシジル」と同等の発毛効果のあるM-034(海藻エキス)配合。

・30日以内であれば、「全額返金保証」があるから初心者の方でも試せる。

・無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

・口コミ・評判で一番人気な育毛剤。

・利用者の97%の人が効果を実感

↓↓チャップアップの詳しい情報は公式サイトでチェック↓↓

cu_button_new
2位:イクオス
iqos_img8
・リニューアルして育毛成分が61種類と育毛業界最大級、毛根まで届く低分子ナノ水配合

・初回限定4980円、2回目以降8980円と月々1万円以下で抑えたい人におすすめ

・副作用の成分なくM-034が品質改良された新成分「Algas-2(アルガス-2)」配合

・45日間以内であれば「全額返金保証」があるため初心者でも試せる。

・DHTを抑制する成分が5種類と他より多く配合

・無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

↓↓イクオスの詳しい情報は公式サイトでチェック↓↓

iqos_button_uew
3位:ブブカ
bubuka
・発毛効果が期待できる「M-34(海藻エキス)」が60%と濃密に配合

・初回5980円だが、2回目以降11,664円となる。

・副作用の成分は無くナノより小さいミセル化によって浸透効果が高い

・無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

↓↓ブブカの詳しい情報は公式サイトでチェック↓↓

bubka_button_new

 

どの育毛剤が良いか迷っている方は、あなたにぴったりの育毛剤を30秒で無料診断します!

あなたの薄毛の部位、頭皮の状態からにあった適切な育毛剤を診断します。

30秒で無料診断!あなたにおすすめの育毛剤はコレ!

sindanstart

長い文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。