太っていると薄毛になりやすいという噂を聞いたことはないでしょうか?

確かに肥満であると健康に悪いため、髪の毛の成長を妨げるのかも?と思う方もいるかと思います。

ただでさえ、メタボで悩んでいるのにさらにハゲには悩みたくはないですよね。

今回は、

薄毛と肥満の関係とは?

肥満がもたらす髪の毛への悪影響とは?

肥満による薄毛を改善する方法とは?について詳しく解説したいと思います。

ぜひ、肥満と薄毛のダブルで悩まれる前に適切な対策方法を学んで治していただきたいと思います。

太っていると薄毛の原因になるのは本当なの?メタボとハゲの関係とは

肥満だと抜け毛が増えて薄毛になりやすいのは本当?それとも嘘なの?と疑問に思っている方も多いことでしょう。

まずはじめに結論から言いますと、肥満な方は薄毛になりやすいです。

普通の体型の人と比較すると太っている体型の人は、ハゲやすいと言うことです。

口コミでも、薄毛と肥満に対する辛いコメントがあしました。

確かに、薄毛も肥満も外見で判断されてしまいますので、とてもつらいですよね。。

私も、社会人になってから外食や飲み会のせいで20キロも太って体脂肪率も30%を超えて、さらに薄毛も悩んでいたのでかなり辛い思いをしました。

いつまでもイケてる男性でいるために、肥満で薄毛にはなりたくないですよね。

女性や10代20代の若者も肥満による薄毛に悩まされている!

肥満による薄毛は中年の男性だけではありません。

生活水準が昔と比べると上がったことによって、肥満になる人の割合が毎年増えてきています。

そのため、女性や10代の学生や20代の若者でも肥満による薄毛がが増えて悩む人が増えてきています。

そもそも肥満の定義とは?肥満度を測る方法をご紹介

なぜ、太ってしまうとハゲてしまうのか?について解説する前に、そもそも肥満の定義って?と思う方もいるかと思います。

ですので、分かりやすく表にまとめましたのであなたの今の肥満状態を確認してみてください。

肥満は体脂肪率でみるのではなく一般的に肥満は、BMI(ボディマス指数 Body Mass Index:肥満指数)によって判断されます。

BMI=身長×身長×体重

BMI 判定
18.5未満 低体重
18.5~25未満 普通体重
25~30未満 肥満(1度)
30~35未満 肥満(2度)
35~40未満 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)

もしあなたがBMIの指数が、25を超えていた場合は肥満ということになります。

この表は男性だけでなく、女性の方ももちろん当てはまります。

太ってメタボになると薄毛・抜け毛の原因になる3つの理由とは?

それでは、どうして肥満であると薄毛や抜け毛の増加につながるのでしょうか?

太るとハゲてしまう理由には3つあります。

・血液がドロドロになることによる血行不良

・生活習慣の乱れによる栄養不足・睡眠不足

・悪い汗による頭皮環境の悪化

一つ一つ詳しく解説していきたいと思います。

太るとハゲる理由①:血液がドロドロによる血行不良

肥満になってしまうと、中性脂肪(贅肉や皮下脂肪のこと)値が高くなり、悪玉コレステロールが多くなり血行の流れを悪くします。

そのため、太い血管はもちろんのこと、頭に張り巡らされている毛細血管も血液の流れが悪くなります。

いわゆる“血液がドロドロ”の状態ということです。

BMIが高いとメタボリックシンドロームになり、動脈硬化や高血糖値にもなりやすく命に関わる症状が発症する場合もあります。

血行不良による毛母細胞への栄養不足が原因で育毛を阻害

髪の毛の90%はタンパク質できており、その他に亜鉛、カルシウム、アミノ酸などたくさんの食べ物からの栄養によって作られます。

体内で吸収された栄養素は、血管を通って毛髪を生成してる頭皮にある毛母細胞へ送られます。

血行不良

肥満になり血行不良になると、十分に毛母細胞の毛根に栄養が届かなくなることで細く弱った髪の毛を作ってしまい、結果として薄毛の原因になります。

太るとハゲる理由②:生活習慣の乱れによる栄養不足・睡眠不足

会社の付き合いで毎日飲み会で焼肉や揚げ物を食べたり、仕事が忙しくてついコンビニ弁当やカップ麺で済ましがちではないでしょうか?

また、肥満になってから睡眠の質が下がってはないでしょうか?

偏った食生活によって育毛に必要な栄養が不足する

私も、社会人になってから食生活が乱れてバランス良く栄養を摂取できず急激に太ってしまいました。

肥満の方は、ジャンクフードのような脂っこいものばかりや栄養価の偏った食事をしているために太ってしまっています。

偏って食べると、育毛や発毛に必要な栄養が不足していしまうために、抜け毛が増えてしまう原因になります。

肥満による睡眠障害によって成長ホルモンが低下する

睡眠不足も薄毛の原因になります。

人は、寝ている間に分泌される成長ホルモンによって髪の毛がスクスクと成長します。

しかし、多く食べすぎて肥満な人は食べすぎていると消化にエネルギーがたくさん使われてしまい睡眠に支障をきたします。

そのため十分に成長ホルモンが分泌されず育毛の妨げになってしまいます。

太るとハゲる理由③:悪い汗による頭皮環境の悪化

体重が重くなると、以前に比べて汗が多くでますよね。

太っているの中には、寒い冬でも通勤の電車で汗をダラダラを垂らしている人も見かけますよね。

身体の体温を下げるために汗がでるようになっています。太っている方だと、どうしても重い体を動かすので細身の方よりも汗がかきやすいです。

そんな汗には、「良い汗」と「悪い汗」の二種類があります。

良い汗の特徴 悪い汗の特徴
・汗がサラサラしている

・蒸発しやすい

・汗に塩分やミネラルが含まれていない

・熱中症になりにくい

・雑菌が繁殖しにくく臭いがない

・汗の粒が小さい

・ベトベト・ネバネバして蒸発しにくい

・汗の粒が大きい

・汗に塩分やミネラルが含まれている(舐めると味がある)

・熱中症になりやすい

・雑菌が繁殖して臭いがある

良い汗と悪い汗には、以上のような違いがあります。

肥満な人は、サラッとしている良い汗ではなく、体脂肪の代謝が悪くなるためベタベタした悪い汗をかく人がたくさんいます。

しかもこの悪い汗は体を体温を下げる効果が弱いため太っている人はどんどん汗がでてしまう悪循環になるのです。

皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化を招く

肥満の人が頭皮の皮脂腺から皮脂が過剰に分泌してしまい、頭皮がギトギトになりやすいです。

頭皮が脂でギトギトになると、頭皮にあるカビの一種であるマセラチア菌が異常に繁殖してしまい、大量のフケや痒み、地肌が赤くなる炎症が起きる可能性があります。

さらにひどくなってしまうと脂漏性皮膚炎になり病院に行く必要になります。

また、洗浄力の強いアルカリ性のシャンプーを使ってしまうと、頭皮を守っている皮脂まで洗い流してしまい薄毛の原因につながります。

 

頭皮の皮脂が薄毛・ハゲの原因だった?抜け毛と皮脂過剰の関係性

肥満による薄毛を改善・予防する方法とは?ハゲる前に早めの対策

肥満になると薄毛になってしまう3つの理由について詳しく解説してきました。

では、肥満による薄毛をどのように改善すればよいのか?解説していきたいと思います。

肥満による薄毛の改善方法①:3食バランス良く栄養を摂取する

栄養バランス

肥満は、お肉や揚げ物、ファーストフードなど脂肪分の多い高カロリーばかり食べてしまうことが原因です。

なので、まずは普段の食生活を見直して量を減らしできるだけ野菜やフルーツなどバランス良く栄養を摂るようにしましょう。

バランス良く栄養を取り、量を減らしていくことでダイエットと育毛とダブルで効果が期待できます。

さらに、睡眠不足や質も改善されるので食事を変えるだけでもかなり変わります。

肥満による薄毛の改善方法②:有酸素運動を取り入れて痩せる

どんどん太っていくと薄毛になる可能性が上がっていきますので、まずは運動をして痩せるようにしましょう。

薄毛の改善と肥満の解消に良いのが有酸素運動です。

有酸素運動とは、ウォーキングやランニング、スイミングといった酸素を吸いながら動く運動のことを指します。

有酸素運動をすることで、まずはお腹にあるブヨブヨな脂肪を解消していきましょう。

さらに、有酸素運動をすることで心臓のポンプ機能が活発に働くために、全身の血行促進にもつながります。

肥満による薄毛の改善方法③:シャンプーで頭皮を清潔に保つ

肥満な方ですと、夕方ごろになるともう頭皮や顔がベタベタになり悩む方もいるかと思います。

ギトギトになった頭皮にある皮脂や汚れをキレイに摂るために、頭皮に優しいシャンプーを使いましょう。

ドラッグストアで売られているようなアルカリ性のシャンプーは洗浄力があまりに強すぎて、逆に皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。

ですので、頭皮に優しい弱酸性のシャンプーで洗うようにすると頭皮環境がキレイになります。

オススメの弱酸性のシャンプーを厳選しましたので、気になる方はチェックしてい見てください。

頭皮環境の改善に良いシャンプーのまとめはコチラ

肥満による薄毛の改善方法④:育毛剤で効率よく育毛する

育毛剤

肥満で30代を超えている方や、最近抜け毛の量が増えた、髪の毛にボリューム感がなくなったと感じる方は、育毛剤を使い対策することをオススメします。

育毛剤には、

・頭皮環境の改善

・頭皮の血行促進

・育毛に必要な栄養の補充

・薄毛の原因であるAGAの予防

など薄毛の原因に直接作用します。

育毛シャンプーはあくまでも頭皮環境だけの改善ですので、本格的に薄毛対策をしたい!という方は育毛剤がオススメです。

育毛剤の中には、副作用あり体に異常をきたすものもありますので、副作用がなく安全に使える育毛剤を厳選しておきました。

副作用のなく男性女性問わず人気を集めている育毛剤のまとめを見てみる

肥満が薄毛の原因に!ハゲる前に回復して治そう

肥満が頭皮や毛髪に与える悪影響とハゲる前にすべき対策方法について解説していきました。

対策をせずに、肥満でハゲているということは男性としてかなり辛いですし、異性からすると魅力的な男性には見えないですよね。

ハゲで太ってしまい彼女ができなかったり大切な人が逃げていく前にすぐに対策をしましょう。

急激なダイエットはストレスが原因で薄毛になるから注意!

warning

ただし、1つ注意点があります。

頑張って痩せようと急激に食事制限をしたり過度な運動をしてしまうと体に過度なストレスがかかってしまいます。

過度なストレスは血管を収縮させてしまい血行不良になる可能性があります。

また、過度な運動によりきつすぎて挫折してしまう可能性もあります。

ですので、1番よい方法としてはゆるくダイエットをはじめつつ育毛剤を併用して確実に改善していくことです。

育毛剤で薄毛の原因に直接作用しますので、おちついて減量に専念することができるでしょう。

 

ranking

1位:チャップアップ
定期便で月々7400円と予算が1万円以下で抑えたい方におすすめ

育毛業界最大級の81種類の育毛成分が配合されている。

・副作用なく「ミノキシジル」と同等の発毛効果のあるM-034(海藻エキス)配合

永久に「全額返金保証」があるから初心者の方でも安心して試スことができる。

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

口コミ・評判で一番人気な育毛剤。

利用者の97%の人が育毛・発毛効果を実感した。

⬇チャップアップについて詳しく知りたい方へ

=>チャップアップの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

チャップアップ公式サイトはこちら

2位:イクオス
・リニューアルして育毛成分が61種類となり、毛根まで届く低分子ナノ水配合

月々6458円と月々1万円以下で抑えたい人におすすめ

・副作用の成分なくM-034が品質改良された新成分「Algas-2(アルガス-2)」配合

45日間以内であれば「全額返金保証」があるため初心者でも試せる。

DHTを抑制する成分が5種類と他より多く配合

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

⬇イクオスについて更に詳しく知りたい方へ

=>イクオスの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

イクオス公式サイトはこちら

3位:フィンジア
キャピキシル5%配合ピディオキシジル2%配合とスカルプエッセンスで最高濃度の配合量

・キャピキシル配合育毛剤で唯一月々の価格が1万円を切っている

・副作用がでるような成分は配合されておらず安全

購入後30日以内であれば全額返金保証制度がある

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

カプサイシンの成分によって浸透力がある

男性女性問わず利用することができる

⬇フィンジアについて更に詳しく知りたい方へ

=>フィンジアの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

フィンジア公式サイトはこちら

どの育毛剤が良いか迷っている方は、あなたにぴったりの育毛剤を30秒で無料診断します!

あなたの薄毛の部位、頭皮の状態からにあった適切な育毛剤を診断します。

30秒で無料診断!あなたにおすすめの育毛剤はコレ!

sindanstart