頭皮が脂でギトギトな人は薄毛になりやすいという噂を聞いたことはないでしょうか?

男性、女性問わず多くの方が頭皮の脂っぽさに悩まされる方も多いかと思います。

頭がギトギトだと、頭皮が皮脂によって毛穴が詰まったりして抜け毛の原因になってしまうのでは?と思いますよね。

今回は、

・頭皮の皮脂が抜け毛や薄毛になるのは本当なのか?

・頭皮の皮脂が毛髪や頭皮に与える影響とは?

・過剰な皮脂の分泌を抑えて除去する方法とは?

について詳しく解説していきたいと思います。

ぜひ、最後までお読みただき脂まみれな頭皮を改善して頭皮環境を正常に保っていただきたいと思います。

頭皮の皮脂が抜け毛や薄毛の原因は本当なの?それとも嘘?

多くの方が「油ギトギトの頭皮だとハゲの原因になる」ということは、昔からシャンプーのテレビCMや番組のなかで紹介されていることから知っていると思います。

口コミ①口コミ①

皮脂が毛穴を詰まらせて髪の毛の成長をとめる

口コミ②口コミ②

頭皮が脂まみれな人は、ハゲやすい

といった口コミや評判を耳にする方もいるかと思います。

Twitterでも以下のように皮脂が薄毛の原因だと思っている人もいます。


実際に、皮脂が薄毛の原因に直接関係しているのでしょうか?

皮脂でハゲる嘘!シャンプーメーカーが宣伝したデタラメだった!

まず初めに結論から言いますと、皮脂が原因で抜け毛の量が増えて薄毛になることはありません。

これはシャンプーメーカーがメディアを利用して発信したデタラメなウソです。

シャンプーメーカーが皮脂を薄毛の原因とすることで、その原因を解説できるシャンプーを販売するために嘘の情報をながしたのが始まりです。

確かに、今でもシャンプーのCMなどで、皮脂が毛穴に詰まると抜け毛の原因に!毛穴の皮脂をすぐに除去!みたないな嘘が普通に流れていますよね。

驚きの方もいるかと思いますが、皮脂が直接薄毛の原因になることはありません。

毛根や根元、毛穴に皮脂の塊がついていても薄毛・抜け毛にはならない

毛根や根元、毛穴に皮脂の塊が付いていても、薄毛や抜け毛の原因になる可能性はありません。

よく頭皮の毛穴にカメラなどでズームされると汚く見えてしまう皮脂の塊がつまっているかどうかをチェックする番組とかやっていたりしますよね。

毛穴に皮脂がついていると、汚い風に表現していますが全くの誤解です。

そもそも、皮脂の役割はあなたの頭皮の乾燥や外部からの刺激を守るために存在しています。

薄い油の膜を張ることで外部からの刺激からあなたの頭皮を守っているのです。

なぜ皮脂の分泌が多いとハゲると言われるようになったのか?

なぜ皮脂の分泌が多いとハゲと言われてしまうのでしょうか。

皮脂の分泌と抜け毛の関係について解説したいと思います。

頭皮の皮脂が多いとハゲるのではなくハゲるから皮脂の分泌がでる

皮脂が多いと薄毛になってしまうのではなく、むしろ逆でハゲだから頭皮が脂でギトギトになるのです。

どういうことなの?と思いますので詳しく解説していきますね。

男性の薄毛の9割の原因はAGA(男性型脱毛症)で、生え際が薄毛になるM字はげやてっぺんがハゲるつむじハゲなどが代表的な症状です。

AGAとは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる悪性のホルモンが頭皮の毛母細胞に作られることで、ヘアサイクルが乱れて薄毛になってしまいます。

 

この悪性の男性ホルモンDHTは、脱毛司令をだすだけでなく以下の作用もあります。

・皮脂の分泌の量を増加

・髭や胸毛など体毛を濃くする

 

つまり、ハゲている人が皮脂の分泌が多いと言うことなんです。

DHT(ジヒドロテストステロン)についてさらに詳しく知りたい方はコチラをチェックしてみてくださいね。

ジヒドロテストステロンの作用・役割とは?原因と抑制方法を解説

皮脂が過剰分泌すると頭皮環境が悪化して薄毛の原因にも!

真実は、剥げやすい人が脂で頭皮がギトギトになりやすいということに驚いた方もいるかと思います。

次に、皮脂が過剰分泌するとどのように頭皮に悪影響を及ぼすのか?について解説したいと思います。

頭皮には200種類以上の常在菌が存在している

人間の頭皮には、表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、アクネ桿菌(かんきん)、マラセチア菌など200種類もの常在菌が存在しています。

決して悪い菌ではなく、小さい赤ちゃんの頃から人間の身体にいる存在してる微生物です。

脂漏性皮膚炎によって頭皮が炎症を起こしてハゲることも

しかし、常在菌の中の一種であるマセラチア菌は過剰に分泌された皮脂を好む真菌であるため、皮脂が多くあるとマセラチア菌が異常に繁殖してしまいます。

このマセラチア菌の異常繁殖によって頭皮環境が悪化してしまい、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)になる可能性があります。

脂漏性皮膚炎になってしまうと、フケが大量にでたり、頭皮に痒み、地肌が赤くなる炎症が出ます。

更に、脂漏性皮膚炎が悪化してしまうと、頭皮がかさぶたのようなものができて、炎症や痛みが出ることもあります。

頭皮環境が説明したほど悪化してしまうと、その部分の髪の毛に十分に栄養が届かなくなり結果として抜け毛の原因につながります。

頭皮の皮脂が酸化すると加齢臭の臭いが出る

頭皮の皮脂が参加してしまうと、加齢臭や体臭の原因にもつながります。

汗と皮脂が混ざったものが空気中の酸素に触れることにより酸化します。

また、人間の頭皮や皮膚に存在するマラセチア菌という常在菌は皮脂をエサにすることで、脂肪酸を排出してしまいます。

以上のように皮脂が酸化してしまうと鼻につくようなくさい臭いを発生したり、フケや頭皮のかゆみが出てしまいます。

頭皮の皮脂で薄毛になることはなくとも、においの原因やフケ、かゆみに繋がってしまうことを覚えておきましょう。

頭皮の毛穴から皮脂が多く分泌する原因と特徴

それでは、なぜ皮脂が毛穴から過剰に分泌してしまうのでしょうか?

頭皮が脂でギトギトになってしまう原因について解説します。

皮脂が多い人の特徴①:食生活が乱れている人

皮脂が多く分泌されてしまう原因には「食生活」が大きく関わってきます。

ついお仕事が忙しくて、コンビニ弁当やカップ麺、牛丼といった外食など偏った栄養を摂取してはいないでしょうか?

食生活が乱れて特に脂っこいものばかり食べてしまうと、過剰な皮脂の分泌の原因にもつながります。

【皮脂が多く分泌される原因となる食生活】

・豚肉や牛肉などの肉類

・揚げ物全般

・お酒(ビール、酎ハイ)

・カップ麺などのジャンクフード

・お菓子(ケーキ、ドーナツ、菓子パン)

どうしても付き合いで飲み会に行くことが多く、中華や串揚げなど脂っこいものを食べがちになる方も多いかと思います。

これらを多く食べてしまっている人は栄養価が偏ってしまい、頭皮の皮脂が多く分泌されてしまう原因を作っています。

皮脂が多い人の特徴②:洗浄力の強いシャンプーを使っている

市販で売られているシャンプーの多くは、アルカリ性のシャンプーであるためとても洗浄力が強いです。

確かに洗浄力の強いシャンプーは、毛穴の汚れまでキレイにしてくれて頭皮環境には優しいのでは?と思う方もいるかと思います。

しかし、洗浄力が強すぎると頭皮の皮膚を守っている皮脂まで洗い流してしまいます。

余分な皮脂まで洗い流されてしまうと、皮脂がたりないと勘違いして大量に分泌してしまいます。

ですので、アルカリ性ではなく頭皮に優しい弱酸性のシャンプーで頭を洗うと良いでしょう。

皮脂が多い人の特徴③:頭皮が乾燥している人

肌が乾燥している人は、皮脂が少なくて良いのでは?と思う方もいるかと思います。

実は、外の紫外線や乾燥した空気で頭皮が乾燥してしまうと、それを保護しようとたくさん皮脂を出します。

そのため、乾燥肌の人は脂が多く出てしまうのです。

頭皮の皮脂の過剰分泌を抑える対策方法をご紹介!

頭皮の皮脂の過剰分泌の原因について解説してきました。

では、皮脂の分泌を減らし頭皮環境を整える方法について解説したいと思います。

皮脂の分泌を抑える方法①:食生活を見直そう

まずは普段の食生活を見直しましょう。

1日3食バランス良く栄養を摂取するように心がけましょう。

特に外食がほとんどの方ですと、焼肉や唐揚げ、焼き鳥などお肉系統ばかりにどうしてもなりがちです。

ですので、なるべく野菜中心の食生活に変えて、頭皮環境に良い食生活をおくりましょう。

薄毛が気になる人は、育毛や発毛に効果的な食べ物を解説していますのでぜひご覧になってみてくださいね。

育毛促進に必要な栄養素とは?発毛に効果的な食べ物・食材・食事

皮脂の分泌を抑える方法②:育毛シャンプーで頭皮環境を整える

市販のシャンプーでは洗浄力が強すぎて皮脂が減り過ぎてしまい過剰な皮脂の分泌を招いてしまうと解説しました。

皮脂が減り過ぎてしまうと余計な皮脂まで頭皮が分泌してしまうため、それを防ぐためにも育毛シャンプーを使いましょう。

育毛シャンプーは主に頭皮環境を整えて育毛しやすい環境にする働きがあります。

シャンプーが原因でフケやかゆみ、皮脂が多くなってしまっている人は、育毛サロンなどで紹介されている育毛シャンプーを使いましょう。

下にオススメのシャンプーをご紹介しておきますので、ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

オススメのシャンプーまとめを見てみる

皮脂の分泌を抑える方法③:育毛剤で頭皮環境を整える

頭皮環境を整えつつ、抜け毛や薄毛の予防をするには育毛剤を使うと良いでしょう。

育毛剤には、余分な皮脂の分泌を抑えたり頭皮の乾燥を防いだり、髪の毛の成長に必要な栄養も配合されています。

ですので、

・年齢的にもそろそろ対策が必要かな

・あまりにも頭皮が脂でギトギトだから男性ホルモンが多いかも

という方は、育毛剤を使うことをオススメします。

私自身も頭皮の脂に悩まされていて、夕方になるともう頭がギトギトになっていました。

ですが、育毛剤を使い始めてムダな分泌もなくなり薄毛の改善にもつながりました。

ぜひ、本格的に対策したいという方育毛剤を使ってみるのも良いでしょう。

男女問わず多くが愛用する育毛剤を見てみる

皮脂の過剰分泌を抑えて頭皮のギトギトをなくそう!

今回は、過剰な皮脂の分泌が薄毛の原因であるのか?について詳しく解説してきました。

頭皮が脂でギトギトであることは、決して薄毛の原因にはなりません。

ただし、過剰に分泌した頭皮をそのままにしておくと、炎症やフケ、痒みの原因となり結果として薄毛にもなることもあります。

ですので、常に頭皮環境がキレイな状態でいれるようにしっかりと対策を始めましょう。

 

頭皮がギトギトな人はAGAの可能性が非常に高いですので、あなたがAGAかどうかチェックできるようセルフチェック方法をご紹介します。

AGAの症状と特徴は?男性型脱毛症かセルフチェックで診断!

 

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

ぜひ、他の気になる記事もご覧になってみてくださいね。