ハゲは、母方の父がハゲていたら、それはいずれ自分にも遺伝してハゲになりやすい。

このように、ハゲは遺伝すると噂されていますが、そもそもどうして遺伝でハゲになるのでしょうか。

まだ、ハゲてないけど、母方の父がハゲているから将来遺伝でハゲで悩むかもしれないと思っている方や、すでに遺伝が原因で薄毛に悩んでいると思っている方などがいるかと思います。

すでに、ハゲている方の中には、遺伝だから治らないと諦めている方もいるかもしれませんが、その薄毛は本当に遺伝が原因なのでしょうか?

そんなあなたのために今回は、遺伝の仕組みからハゲ・薄毛の原因について詳しく解説していきたいと思います。

idenshi

遺伝子の仕組みってどうなっているの?

男性に精子には、XとYの染色体があり、女性の卵子には2つのX染色体があります。この染色体の中にあるのがDNAで構成されており、遺伝の役割を担っています。

子供ができるときに、男の子の場合は父親のY染色体と母親のX染色体によって作られ、女の子の場合は父親のX染色体と母親のX染色体によって作られます。

このペアになった染色体が人間の体の細胞には46本あり、細胞分裂によって人の形へと変わっていきます。

薄毛の原因である薄毛遺伝子の正体とは?

iden_img

たくさん遺伝子の種類がある中で、脱毛作用を引き起こす遺伝子「薄毛遺伝子」があります。この遺伝子は、X染色体の中に含まれています。

X染色体にふくまれているということは、つまり、父親の遺伝子では無く母方の遺伝子が大きく関係しているということになります。

薄毛遺伝子の中の一つに、アンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモンの情報を受け取り、細胞内に利用できるように変換する装置のようなものがあります。

このアンドロゲンレセプターの感受性が高いほど、脱毛作用を引き起こす男性ホルモンに大きく影響をあたえます。

父が薄毛なのは全く関係ないの?

自分の父親がはげていても、全く自分には影響はありません。

父がハゲのX染色体の遺伝子をもっていたとしても、自分に受け継ぐ遺伝子はY染色体のため、父がどれだけ薄毛だったりハゲていたとしても、父からの遺伝子には影響を受けません

母親が薄毛・ハゲでなければ大丈夫なの?

薄毛遺伝子は、母親からの遺伝であることがわかりました。

あれ?うちのお母さんはもう50後半だけど、全然ハゲてないし抜け毛にも困って無さそうだから自分は大丈夫なのかなと思うかもしれませんが、まだ遺伝する確率はゼロではありません。

女性には、女性ホルモンという脱毛作用を抑制する物質があるために、たとえ薄毛遺伝子を持っていたとしても、薄毛になりにくいのです。

ですので、まだ薄毛になる確率があるということです。

ハゲは母方の祖父の影響が大きい

どうやって薄毛遺伝子を持っているのかを判断すればいいのかというと、母方の祖父がハゲているかどうかで判断できます。

よく、ハゲは隔世遺伝すると言われている理由も、母方の祖父から薄毛遺伝子を受け継ぐからなのです。

つまり、母方の祖父の影響が大きいと言うことです。もし、仮に若い頃から母方の祖父がハゲていた場合に、自分に遺伝している確率は高いでしょう。

育毛博士育毛博士

隔世遺伝する確率があるから、母親がハゲていないからと安心してはいけんぞ!

AGA遺伝子検査してみよう!

それでは、祖父がハゲているから私もハゲていると考えるのは、正確とは言えません。

詳しく知りたい方は、AGA遺伝子検査といって、自分の薄毛遺伝子を検査することができます。

医療機関や、検査キットで校内粘膜をこするだけで簡単に自分の遺伝子を検査できますので、ハゲる前に検査一度してみることをおすすめします。

もう一つの薄毛遺伝子の正体とは?

育毛 進育毛 進

え!!博士!まだ、薄毛に関係する遺伝子があるんですか・・・!

育毛博士育毛博士

残念なことにそうじゃ、進よ。薄毛の原因である2つ目の薄毛遺伝子について解説するぞ!

実は、もう一つ薄毛遺伝子と呼ばれるものがあります。詳しく解説していきたいと思います。

AGA(男性型脱毛症)の原因

before

AGAの最大の原因は、男性ホルモン(テストステロン)が髪の毛を作っている毛母細胞にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結合することで、強力な脱毛作用を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されることによるものです。

活性遺伝子である5αリダクターゼ

5αリダクターゼという還元酵素の活性力の高さによって、薄毛になりやすいかが決まります。

5αリダクターゼの活性力があるほど、男性ホルモン(テストステロン)を還元しやすくなり、脱毛作用のあるDHT(ジヒドロテストステロン)を多く生成してしまいます。

5αリダクターゼの活性力は、活発である方が優生の遺伝子です。

そのため、両親のどちらかに、5αリダクターゼの活性遺伝子を持っている場合は、あなたに高い確率で遺伝して、薄毛になりやすくなります。

2つの薄毛遺伝子の正体をまとめると・・・

薄毛の原因である遺伝子をまとめると、

・アンドロゲンレセプターの感度が高い遺伝子の方

・5αリダクターゼの活性力の高い遺伝子の方

この2つが、遺伝によって薄毛になる方の原因となります。この2つを持っているいる人が最もハゲやすいということになります。

薄毛はもう治らないの?あなたの薄毛の原因は遺伝が原因ではないかも!

hairloss

私の母方の祖父はハゲているから、自分の薄毛の原因は遺伝だからもう治らない・・・と諦めていないでしょうか?あなたの薄毛の原因は、そもそも遺伝によるじゃない可能性は十分にあります

薄毛の原因の一つに、遺伝があることは確かです。親が薄毛遺伝子を持ってた場合に25%の確率であなたにも遺伝子します。つまり、必ず、母方の祖父がハゲているからとか自分がハゲだからとか、父親からの遺伝でハゲたということではありません。

降水確率が25%と天気予報で言っていたとしても、ほとんど傘を持ち歩く人ってあまりいませんよね。それと同じです。

よく、抜け毛が酷くなり薄毛になってきた人が、すぐに親がハゲているからだと決めつけがちですが、遺伝する確率は、たったの25%です。

遺伝しているから、私の薄毛は治らないと諦めないでください。

他に、ハゲになる原因はたくさんあります。どれか、当てはまるものがないかチェックしてみてくださいね。

薄毛の原因①:生活習慣の乱れ

img_food

食生生活が偏って、コンビニ弁当カップ麺、脂っこいものをばかり食べていると、髪の毛を作るのに必要な栄養素が不足してしまいます。

さらに、偏った食生活が原因で、血液がどろどろになり頭皮に十分に栄養が届けれなくなり薄毛や抜け毛、頭皮環境の悪化の原因につながります。

また、寝るのが遅かったり、睡眠時間が短かったりすると、髪の毛が十分に成長しなくなります。

なぜなら、髪の毛が成長に必要な、男性ホルモンは寝ている間に最も分泌されるからです。

薄毛の原因②:たばこやお酒が好きな人

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮する作用があります。血管が収縮することによって、頭皮にある細胞まで十分に栄養を届けれなくなります。

さらに、ニコチンなどの有害物質を除去するために、髪の毛の成長に必要なビタミンCを多く消費してしまいます。

また、ビールを飲むことで、アルコールを分解するために必要なアミノ酸がたくさん消費されます。アミノ酸は、髪の毛を生成するときに使われる栄養素であるため、不足すると髪の毛が生成されにくくなってしまいます。

生活習慣を見直して薄毛、抜け毛の対策をしよう!

遺伝による薄毛の場合は、これは生まれ持ったものですのでどうしようもできません。しかし、遺伝でなく生活習慣が原因の場合であれば、しっかりと改善すれば、薄毛を防げます。

遺伝だから、もう治らないと諦めるのは早いです。

まずは、生活習慣を見直して、なるべく規則正い生活に戻しましょう。タバコやお酒が好きな方は、流石に辞めるのは難しいと思いますので、少し意識をして減らすようにしましょう。

どうしても夜遅くまで残業していたり、帰りたいけどいかなくちゃいけない上司や先輩と飲み会があるせいで、なかなか生活習慣を改善できないという方もいると思います。

そんな方には、育毛剤を使い対策することをオススメします。

育毛剤は、すでに薄毛に悩んでいる方の対策だけでなく、薄毛予防にもとても効果的だと思います。

育毛剤には、市販に売れているものもあれば通販で売られているものもありどれが良いの分からないですよね。成分による副作用で頭皮があれたり、体に異常をきたしたりするものもあります。

副作用がなく無添加・無香料で特に、今大人気な育毛剤が、「チャップアップ」です。

chapupnigiru

すべて天然の植物から抽出した成分なため、副作用の心配がなく、薄毛の原因であるDHTにも効果がある育毛剤です。

これまで育毛剤を使ったことがなく、初めてという方にはおすすめの育毛剤だと思います。

気になる方は、チャップアップ公式サイトをご覧になって見てくださいね。

チャップアップ公式サイトはコチラ!

30秒で無料診断!あなたにおすすめの育毛剤はコレ!

sindanstart