ハゲる前にもっと早く対策をしておけばよかった!

私も、ハゲる前に予防をしておけばよかったと後悔しています。そうすれば、あんなに高いお金を自分の頭に使わなくてよかったのに・・・。

読者の皆様には、同じ後悔をしてほしくありません。

普段の日常生活の中で、自分自身で取り組める抜け毛予防にポイントがあります。

そんな薄毛ほどでなはいけどちょっと最近抜け毛が気になる方は、早期予防しようではありませんか?

皆さんにこれだけは取り組んで欲しいと思うポイントを7つにまとめましたので、実践できるよう詳しく解説したいと思います。

 

nukegeyobou

ポイント1:規則正しい生活習慣

ついついお仕事が大変だったりして、外食やコンビニ弁当やカップラーメンで夕食を済ましたりしていないでしょうか?

私も育毛するまで、朝はぎりぎりまで寝たくて朝食を抜くことがほとんどで、夜も仕事が遅くおわって作るのも大変だから

ほぼ毎日コンビニ弁当を食べる日々でした。

今考えると、かなり偏った栄養をしていました。

髪の毛を体の内側からしっかりケアをするにはバランスの良い栄養を摂ることが必要です。

食べ物関する詳しい情報は 育毛・発毛に効果のある食べ物・食事とは? を御覧ください。

また、睡眠も育毛には欠かせません。

髪の育成やダメージのケアするためのホルモンは寝ている間にしか出ません。

よく言われる22時〜2時のゴールデンタイムに髪の育成に効果のある成長ホルモンが出てくるので、

睡眠不足による、育毛・発毛の妨げは避けましょう。

ポイント2:正しいヘアケア

頭皮や髪には、汗や皮脂のほかにもホコリや花粉・排ガスなどさまざまな汚れが生活の中で付着します。

シャンプーをすると髪の毛がたくさん抜けるので、髪を洗いたくないと思うかもしれませんが

しっかりとシャンプーをして頭皮にある皮脂や汚れを落としてあげないと、毛穴がつまり抜け毛の原因になります。

そもそも、人間は1日に50~100本もの髪の毛が抜けて、そのうち50%くらいがシャンプーや濡れた頭をタオルで拭いたり、ドライヤーで乾かしたりする一連の流れで抜けます。

ある意味、髪の毛が抜けるのは正常なことなのです。

また、髪を濡れたままにしておくと、雑菌が繁殖しやすくなるので、しっかり髪を洗った後はドライヤーで乾かして

清潔に保つようにしましょう。

ポイント3:喫煙を控える

タバコによる髪の毛への影響は、ニコチンや一酸化炭素といった有害物質による血行不良です。

血液は血管を通じて、体中に酸素や栄養を送る役割がありますが、血行不良によって体の隅々まで運ぶことができなくなります。

このため、頭皮に栄養が届きにくなり髪の毛を作っている毛母細胞の活動も阻害されて

髪の毛のツヤが無くなったり、細くなったりし、結果として髪の毛が抜けてます。

体内にこの有害物質が入りこむと、自律神経を刺激して血管を収縮します。

また、有害物質であるニコチンも髪の毛に必要なビタミンCやビタミンEといった栄養素を破壊してします。

タバコをいきなり辞めることは難しいと思いますので、まずは意識して減らすようにしましょう。

ポイント4:お酒を飲み過ぎない

お酒には、多くの糖分が含まれています。

この糖分は血液中で脂肪に変わります。そして脂肪が増えると頭皮の皮脂の分泌が過剰になり

この皮脂が毛穴に詰まることで抜け毛に繋がるというわけです。

また、糖分が脂肪として蓄積されると、肥満につながります。

そうなると体全体の血行が悪くなるため頭皮の血行が悪くなり、こちらも結果として抜け毛に繋がってしまうのです。

私もビールが大好きで、会社の帰りに飲みに行ってたのですが最近は糖分の少ないワインやハイボールを頼むようになりました。

nukegebeel

ポイント5:ストレスを溜めない

私たちは、日々生きていく中で様々なストレスを感じています。仕事や、家庭、日々の生活など誰でも何かしらのストレスを感じで生きています。

それが重なり、過度なストレスを体に受け続けると自立神経が乱れてしまい、血行の流れが悪くなります。

また、ストレスによって男性ホルモンの分泌が多くなり、これも抜け毛の原因となります。

抜け毛を防ぐためには、ストレスを溜めないことが重要です。

適度に運動をしたり、好きな友達と遊びに行ったり、たまには旅行に行ったりして体をリラックスさせることがとても大切です。

私は、育毛を始めてからは入浴するようにしてリラックスするようにしました。

ポイント6:カラーやパーマを控える

カラーやパーマをするのに使用する薬剤は、頭皮や髪の毛に与える刺激が強く、頻繁に行うことで頭皮や髪の毛にかなりのダメージがかかってしまいます。

どうしてもパーマをかけたり、髪を染めたりしてかっこ良くなりたいですよね。

これからは、今の話を思い出して、ちょっとでも控えてみてはいかがでしょうか?

髪の毛が薄くなると、余計カッコ悪いですよね。

ポイント7:育毛シャンプーを使う

抜け毛の予防として、思い切って育毛シャンプーを使ってみのはいかがでしょうか?

市販で売られているシャンプーの中には、洗浄力が強すぎるものが多くあります。

頭の頭皮には本来乾燥を防いでくれる役割の皮脂がありますが、洗浄力の強いシャンプーは必要な皮脂まですべて洗い流してしまうんですね。

しかし、育毛シャンプーならば余分な皮脂だけを洗い流し、頭皮を傷つけてしまう心配は必要ありません。

シャンプーは毎日使うものなので、育毛シャンプーを使うことで必ず抜け毛の予防になります。