薄毛対策と言えば、CMや雑誌でも多く取り上げられているせいか育毛剤を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

しかし、実際に薄毛対策について調べてみると、育毛剤だけでなく発毛剤や養毛剤があることに気がつく方もいるかと思います。

一体、育毛剤と発毛剤、養毛剤は何が違うのでしょうか?

今回は、

育毛剤、発毛剤、養毛剤のそれぞれの特徴とは?

育毛剤、発毛剤、養毛剤の違いとは?

自分の薄毛の状態や頭皮環境から選ぶべき対策方法は?

について詳しく解説したいと思います。

ぜひ、最後までお読み頂き違いを理解し自分にあった育毛剤、発毛剤、もしくは養毛剤を選んでいただきたいと思います。

育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いってなに?薄毛対策の基礎知識

育毛 進育毛 進

育毛博士〜!育毛剤を調べていたら、発毛剤や養毛剤がでてきました!どんな違いあるのですか〜?

育毛博士育毛博士

おほほ〜いいところに気がついたな!ヘアケアには育毛剤だけでなく発毛剤や養毛剤もあるのじゃ!

違いを詳しく解説するから最後までついてくるように!

あなたは、育毛剤と発毛剤と養毛剤があるけどどれを選択すればいいのだろう?と迷っているかと思います。

私も、薄毛に悩んで初めて調べた時に3つがでてきてどれが1番効率よくハゲを治せるのだろう?と迷った覚えがあります。

抜け毛の状態や薄毛の進行状況、頭皮環境によって選ぶ対策方法は違います。

もし、あなたの薄毛や毛髪の現状にあっていない商品を選んでしますと、更に薄毛が進行してしまいどんどんハゲてしまう可能性があります。

ですので、今回は正しい知識を身に着けて自分にあった商品を選んでいただきたいと思います。

まずは違いを解説する前に、育毛剤・発毛剤・養毛剤のそれぞれの特徴について解説したいと思います。

毛髪の成長の促進や血行促進効果のある「育毛剤」

よくCMや雑誌でも紹介されています育毛剤ですが、どういった特徴があるのでしょうか。

まずは、育毛剤の特徴について解説したいと思います。

育毛剤は今ある髪の毛の成長を促し頭皮の環境を整える

育毛剤の役割とは、名前の通り「毛髪を育てる・今ある毛髪を抜けにくくする」です。

今現在生えている髪の毛を太くコシのある毛に変えたり、育毛しやすいように頭皮環境を整える働きがあるのが育毛剤です。

ですので、完全にハゲている部分を改善して治療するものではありません。

【育毛剤が毛髪や当環境にもたらす働き】

細胞分裂を活性化して育毛を促進する

・頭皮にある血行の流れを改善して、育毛に必要な栄養を毛乳頭細胞へ届けやすくする

頭皮の乾燥過剰な皮脂の分泌などの頭皮環境の悪化を改善

・頭皮に潜む薄毛に原因になる雑菌や炎症を押さえる

もう一度言いますが、育毛剤は今ある髪の毛を太くしたり抜けにくくするためのものですので、髪が生えて完全にハゲが治るといったことはありません。

育毛剤は「医薬部外品」で天然成分が配合のため育毛効果が緩やか

育毛剤に配合されている成分は、薬事法(薬機法)という化粧品や薬など配合成分や量が法律によって決められている「医薬部外品」に当たります。

育毛博士育毛博士

医薬部外品とは?

厚生労働省が許可した効果・効能である有効成分が、一定の濃度で配合されています。”治療”というよりは”防止・衛生”を目的に作られているもの。

育毛博士の解説の通り、医薬部外品は治療のためではなく、予防や衛生を目的に作られています。

ですので、「最近抜け毛が気になってきた」「父親もハゲだしハゲる前に予防したい」という方には育毛剤がオススメです。

薬事法によってどうしても配合成分が決められているため、育毛効果が緩やかになっていしまい発毛は期待できません。

ただし、これから紹介する発毛剤と違い、厚生労働省によって成分が決められているため、副作用の危険性がないため安心して使えるというメリットがあります。

AGAによるハゲや薄毛を細胞を活性化して育毛・発毛する「発毛剤」

次に発毛剤の特徴について詳しく解説したいと思います。

育毛剤とどこが違うのか?ちょっと比較しつつ読み進めると良いでしょう。

発毛剤はAGA(男性型脱毛症)による薄毛やハゲを改善する

発毛剤の役割とは、「頭皮の毛母細胞の細胞分裂を活性化して新しく髪の毛を生やすためのもの」です。

よくCMやドラッグストアでも見るリアップは発毛剤になります。

AGAによって、

・生え際のかなり後退してM字はげな人

・つむじ周りがハゲててっぺんハゲな人

でかなり進行して地肌が完全に見えているは発毛剤ではないと治療はできません。

上図にあるように、発毛剤に配合されている成分が毛母細胞に直接作用するために、ハゲているところから新しい髪の毛が生えます。

また、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を効率よく対策することが出きるため育毛剤よりも高い治療力が期待できます。

発毛剤は「医薬品」| AGAクリニックか薬剤師による処方が必要

発毛剤に含まれている発毛を促進する成分は医薬指定成分です。

育毛博士育毛博士

医薬品とは?

薬事法(薬機法)で定められ病気の治療や予防に使用されることが目的とされたもので、厚生労働省から有効成分の効果・効能が認められています。

医薬品であるため、ドラッグストアや薬局で薬剤師やAGAクリニックや病院に行き処方してもらう必要があります。

ドラッグストアによくおいてあるリアップなどは発毛剤ですので、薬剤師による処方が必要になります。

医薬品は副作用がでる可能性あるから注意が必要

発毛剤には、医薬品と認められる高い効果が期待できる成分が配合されていますが、医薬品であるため副作用がでるリスクもあります。

第一類医薬品医薬品の副作用
ミノキシジル血圧の低下、心拍数の増加、心筋梗塞、頭痛、ED、吐き気、頭皮の痒みやかぶれ
プロペシア精子の減少、性欲の低下、勃起障害、肝機能の低下、妊娠した胎児のへの悪影響(女性)

副作用のリスクがありますので、完全にハゲてしまい育毛剤では治療できないという人は発毛剤を使うと良いでしょう。

【注意!】女性や未成年は絶対に発毛剤を使えない!

最近では高校生や大学生といった10代、20代の若い男性でも薄毛に悩む人も増えてきています。

将来ハゲたくなために早めに対策を始める人もいるかと思います。

ですが、注意!未成年の方はまだ成長段階であるために発毛剤などのAGA治療薬は身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

また、女性の方も注意が必要です。

女性のがプロペシアを摂取すると胎児に悪影響が出たり身体に悪影響がでます。

ですので、未成年や女性の方は薄毛対策をする際は育毛剤を使いましょう。

頭皮環境を整えて髪の毛を保護する「養毛剤」

初めて養毛剤の存在を知る方もいるのではないでしょうか?

養毛剤は頭皮や髪の毛にどのように作用するのか?特徴について解説していきたいと思います。

養毛剤には育毛効果はなくあくまでも頭皮の正常化

養毛剤の役割とは「頭皮環境を整えるためのもの」になります。

育毛剤の役割にも頭皮環境を整える働きがありますが、養毛剤は育毛剤よりも効果が穏やかであります。

【養毛剤が毛髪や当環境にもたらす働き】

頭皮の乾燥皮脂の分泌を抑制

フケやかゆみ防止

・髪の毛の成長に必要な栄養与える

つまり、髪の毛というよりは頭皮環境を整えるのがメインになります。

育毛剤のように髪の毛の成長や血行促進といった働きは養毛剤にはないため、高い効果は期待ができません。

養毛剤は「化粧品」だから育毛・発毛効果は期待できない

養毛剤は「化粧品」に分類されます。

育毛博士育毛博士

化粧品とは?

化粧品とは、効果・効能が厚生労働省に「効果がある」と認められていない成分が配合されている分類。

そのため、育毛の効果はもちろんないですし、頭皮環境を整える効果も穏やかだと思って良いでしょう。

抜け毛が気になりだした人や薄毛予防をしたい人は、養毛剤を使ってもあまり効果がないでしょう。

もし、予防や対策をするのであれば育毛剤をオススメします。

育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いのまとめ

育毛剤、発毛剤、養毛剤のそれぞれの特徴について詳しく解説してきました。

それぞれの効果、成分、価格、購入方法の違いを表でまとめました。どんな違いがあるのか?に注目してご覧になってみてくださいね。

育毛剤・養毛剤・発毛剤の効果の違いを比較

薬事法の分類効果・効能
育毛剤医薬部外品・細胞分裂を活性化して育毛を促進

・頭皮の血流の流れを促進

・頭皮の乾燥や過剰な皮脂の分泌などの頭皮環境の改善

・頭皮に潜む薄毛に原因になる雑菌や炎症を予防

発毛剤医薬品・血管の拡張

・AGAの原因である男性ホルモンや5αリダクターゼの抑制

養毛剤化粧品・頭皮の血行促進

・乾燥や皮脂の分泌を抑え頭皮環境を整備

育毛剤・養毛剤・発毛剤の値段の違いを比較

価格も気になる方もいるかと思います。

値段の違い
育毛剤数千円から1万円を超えるまでピンきり
発毛剤数千円もあるがAGA治療薬だと保険適用外なため高額になってしまう
養毛剤効果が弱い分価格も安い

発毛剤は保険適応外なため高額になり、継続出来ない人も中にはいます。。

育毛剤・養毛剤・発毛剤の購入方法の違いを比較

購入方法
育毛剤ドラッグストア、薬局、インターネット
発毛剤AGAクリニックで処方、薬剤師に処方
養毛剤ドラッグストア、薬局、インターネット

ミノキシジルやプロペシアなど医薬品は、AGAクリニックに行き処方してもらう必要があります。

そのため、すぐに対策を始めたいと思ってもAGAクリニックや病院に行く必要があるため、すぐ始めることができません。

育毛剤と発毛剤と養毛剤どれを使えばいい?判断方法をご紹介

疑問

育毛剤と発毛剤と養毛剤の違いや特徴について詳しく解説してきました。

自分はどれを使えば良いのだろう?と迷っている方もいるかと思います。

そんな方のために、抜け毛や頭皮の状態に合った商品をご紹介したいと思います。

育毛剤で薄毛予防・改善を始めるべき人の特徴とは?

育毛剤の使用をオススメしたい方は、以下の症状がある方です。

【育毛剤がオススメな人の特徴】

シャワー後の排水溝寝起きの枕に抜け毛がたくさんある。

頭皮が脂っこくて、ベタベタになっている。

家族にハゲている人がいる。

・頭頂部や前頭部が後退してきた感じがする。

・髪の毛全体にボリューム感がなくなりセットがうまくいかない

・頭皮動かすと固い

・以前に比べて髪の毛が細くなってきた。

などの症状が感じる方は、育毛剤を使い始めましょう。

対策が遅れてしまうと、発毛剤治療になってしまい育毛剤以上にお金と時間がかかってしまいます。

私も今現在使用しており、実際に効果が実感できた「育毛剤イクオス」が育毛剤の中で特にオススメです。

未成年や女性の方でも安心して使用することができますので、ご安心ください。

育毛剤イクオスの公式サイトを見てみる

発毛剤で育毛・発毛が必要な人の特徴とは?

上図のように明らかに地肌が見えて毛もだいぶ減った人は発毛剤がオススメです。

まずはAGAクリニックに行きAGA治療薬を処方してもらいます。

オススメのAGAクリニックはコチラ

ただし、どうしても副作用が心配で発毛剤は避けたい!というかたもいるのではないでしょうか?

確かに、副作用がで性欲減退したり精子に問題がでて、子供が作れないなんてことになりたくないですよね。

そんな方に、オススメなのがスカルプエッセンスの「フィンジア」です。

フィンジアの本体

医薬品であるミノキシジルやプロペシアと同等の効果が期待できてかつ、副作用のない成分が配合されています。

完全に地肌が見えてハゲてしまった人は、まずはフィンジアを試してみてはいかがでしょうか?

フィンジア公式サイトを見てみる

養毛剤でもまだ大丈夫な髪質・頭皮環境な人の特徴とは?

養毛剤は主に頭皮環境を整える成分が配合されています。

・フケやかゆみを改善したい

・頭皮を清潔に保ちたい

・髪の毛が昔変わらずボリューム感もある

など、薄毛や抜け毛と関係なくとりあえずヘアケアをしたい!という方にオススメです。

ただ1番養毛剤は効果が弱く薄毛予防になりません。

ですので、養毛剤を使うのであれば育毛剤を使い予防した方が良いかと個人的には思います。

自分の薄毛の状態にあった育毛剤・発毛剤・養毛剤を選ぼう!

今回は、育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いについて詳しく解説してきました。

自分にあったタイプを選べましてでしょうか?

薄毛は抜け毛の量が増えてあっという間になってしまいます。

私自身、薄毛にかなりなってしまってから対策をしたために治療するのに大切な時間とお金がかかっています。

あなたには、私のようになってほしくありません。

ですので、そろそろヘアケアをしたほうが良いかも!と思った今すぐに対策を始めることをオススメします。

【育毛剤・養毛剤を使いたい方はイクオス】

イクオス公式サイトはコチラ

【発毛剤だけど副作用が心配な方はフィンジア】

フィンジア公式サイトはコチラ

【AGAクリニックで発毛治療薬がほしい方】

オススメのAGAクリニックはコチラ

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。ぜひ、時間の許す限り他の気になる記事もご覧になってみてくださいね。

 

【12月限定お得情報】特別キャンペーン中!



>特別キャンペーンページの詳細を見てみる<

 

ranking

1位:チャップアップ
定期便で月々7400円と予算が1万円以下で抑えたい方におすすめ

育毛業界最大級の81種類の育毛成分が配合されている。

・副作用なく「ミノキシジル」と同等の発毛効果のあるM-034(海藻エキス)配合

永久に「全額返金保証」があるから初心者の方でも安心して試スことができる。

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

口コミ・評判で一番人気な育毛剤。

利用者の97%の人が育毛・発毛効果を実感した。

⬇チャップアップについて詳しく知りたい方へ

=>チャップアップの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

2位:イクオス
・リニューアルして育毛成分が61種類となり、毛根まで届く低分子ナノ水配合

月々6458円と月々1万円以下で抑えたい人におすすめ

・副作用の成分なくM-034が品質改良された新成分「Algas-2(アルガス-2)」配合

45日間以内であれば「全額返金保証」があるため初心者でも試せる。

DHTを抑制する成分が5種類と他より多く配合

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

⬇イクオスについて更に詳しく知りたい方へ

=>イクオスの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

イクオス公式サイトはこちら

3位:フィンジア
キャピキシル5%配合ピディオキシジル2%配合とスカルプエッセンスで最高濃度の配合量

・キャピキシル配合育毛剤で唯一月々の価格が1万円を切っている

・副作用がでるような成分は配合されておらず安全

購入後30日以内であれば全額返金保証制度がある

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

カプサイシンの成分によって浸透力がある

男性女性問わず利用することができる

⬇フィンジアについて更に詳しく知りたい方へ

=>フィンジアの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

フィンジア公式サイトはこちら

どの育毛剤が良いか迷っている方は、あなたにぴったりの育毛剤を30秒で無料診断します!

あなたの薄毛の部位、頭皮の状態からにあった適切な育毛剤を診断します。

30秒で無料診断!あなたにおすすめの育毛剤はコレ!

sindanstart