薄毛に悩みだした人であれば、一度は「5αリダクターゼ」という酵素を耳にしたことがあるかと思います。

この5αリダクターゼとは、AGA(男性型脱毛症)を引き起こす要因となる物質になります。

でもしっかりと5αリダクターゼの抑制や阻害をすることで、AGAの可能性を低くしたり症状を軽減させることができます。

今回は、

5αリダクターゼの正体とは?メカニズムについて

5αリダクターゼの抑制・阻害方法とは?

について解説したいと思います。ぜひ最後までお読み頂き正しい5αリダクターゼの抑制方法を学びAGAによる薄毛を食い止めていただきたいと思います。

AGAの薄毛を改善するには5αリダクターゼの抑制が必要

育毛 進育毛 進

AGAの原因は5αリダクターゼと聞いたのですが、5αリダクターゼとはいったいなんなのでしょうか?

育毛博士育毛博士

まぁそう慌てるでない!すこし難しい話になるがメカニズムから抑制方法まで詳しく解説するからしっかりとついてくるように!

薄毛や抜け毛で悩むかたであれば、AGA(男性型脱毛症)を疑う方も多いのではないでしょうか?

今現在日本の約5人に1人、実に1200万人もの男性がAGAによる薄毛に悩まされています。

また、女性のかたでもFAGA(女性男性型脱毛症)になり髪の毛のボリュームが減ったり、生え際が薄毛になる人も増えてきています。

まずは、AGAやFAGAの原因である5αリダクターゼの仕組みや構造をまずは理解して、正しい抑制方法を身に着けていただきたいと思います。

5αリダクターゼ(還元酵素)とは?分泌するメカニズムを解説

5αリダクターゼは、Ⅰ型とⅡ型と2つの種類に分かれています。

まずは、AGAになるメカニズムについて解説する前に、Ⅰ型とⅡ型と2つの種類に分かれている5αリダクターゼの違いと役割について解説したいと思います。

Ⅰ型5αリダクターゼとは?

Ⅰ型5αリダクターゼは全身の皮脂腺に分布している物質です。

Ⅰ型5αリダクターゼは、皮脂腺に多く存在しているため、皮脂の分泌が多く頭皮や肌が脂っぽい人は、Ⅰ型5αリダクターゼの分泌が多いと言えます。

頭の後頭部に存在が確認されており、後頭部もハゲてきたのであればⅠ型5αリダクターゼが原因となっている可能性があります。

1型5αリダクターゼはAGAの原因となる物質ではありますが、AGAの原因となる可能性は低いです。

Ⅱ型5αリダクターゼとは?

Ⅱ型5αリダクターゼは前立腺や前頭部、頭頂部の毛乳頭に分布する物質です。

Ⅱ型5αリダクターゼは、毛乳頭に多く存在しているためヒゲや体毛が濃い人は多く分泌しているということになります。

また、Ⅱ型5αリダクターゼは前頭部や頭頂部に多いため、AGAの症状であるてっぺんハゲやM字はげなどの原因とされています。

生え際が薄くなったり、つむじのあたりが薄いとⅡ型5αリダクターゼが原因となりハゲている可能性が高いです。

5αリダクターゼの役割とは?

男性ホルモンは別名テストステロンと言われ、骨や筋肉作ったり、精子の生成、性欲上昇といった男性の体にとって大切な働きがああります。

5αリダクターゼの役割とは、男性ホルモンの働きを補助する役割があり、人間の体には欠かせない酵素なのです。

体の成長には欠かせない酵素ではありますが、5αリダクターゼが分泌するとAGAの原因にもなってしまうのです。

なぜ5αリダクターゼが分泌すると抜け毛・薄毛になるのか?

5αリダクターゼのとは?について詳しく解説してきました。

次に、5αリダクターゼがどのようにしてAGAを引き起こしてしまうのか?5αリダクターゼとAGAの関係について詳しく解説したいと思います。

5αリダクターゼがAGAの原因であるDHTを生成する

先程5αリダクターゼは、男性ホルモンの働きの補助であると説明しました。

しかし、5αリダクターゼは男性ホルモンと結びつくことで、強力な脱毛作用があるDHT(ジヒドロテストロテン)という男性ホルモンが毛乳頭に作られます。

このDHT(ジヒドロテストステロン)が、毛乳頭細胞の中で男性ホルモンレセプター(男性ホルモン受容体)と結びつくことで成長抑制因子である「TGF-β」になります。

TGF-βが毛乳頭に対して脱毛命令がでると、毛乳頭が毛母細胞の細胞分裂を止めてしまうため、ヘアサイクルが乱れるのです。

ヘアサイクル

上図のようにAGAになりヘアサイクルが乱れることで、本来であれば6年も成長する髪の毛が数ヶ月で抜けていくためにどんどんハゲていってしまうのです。

育毛 進育毛 進

ちょっとAGAのメカニズムが難しいけど、AGAの原因の大元は5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつくことが原因なんですね!

育毛博士育毛博士

そういうことじゃ!特にⅡ型5αリダクターゼと男性ホルモンが結び付きやすいために、前頭部や頭頂部がはげやすいのじゃ!

5αリダクターゼは女性のFAGA(女性男性型脱毛症)にも影響

びまん性脱毛症

FAGA(女性男性型脱毛症)は別名「びまん性脱毛症」といい、髪の毛の分け目や髪の毛全体のボリューム感が無くなるのが特徴になります。

5αリダクターゼは男性だけでなく女性にも影響を与えます。

普段通りであれば女性の身体の中のホルモンバランスは圧倒的に女性ホルモンが多くの割合を占めています。

しかし、妊娠時やストレスが溜まっている時、閉経後にはホルモンバランスが極端に崩れてしまい、男性ホルモンの割合が高くなります。

その時に5αリダクターゼの作用によって毛乳頭や皮脂腺の男性ホルモンと5αリダクターゼが反応してしまい、女性男性型脱毛症(FAGA)の原因となるDHTが作られてしまいます。

そのため、女性のかたでも年齢を重ねると薄毛になってしまうのです。

5αリダクターゼの分泌量は遺伝によって決まることもある

遺伝

よくハゲは遺伝すると噂でありますが、実はこれは本当なんです。

5αリダクターゼは、健康で健やかな体を作るために欠かせない還元酵素ですが、この5αリダクターゼの分泌量には、個人差があります。

5αリダクターゼの分泌量は実は遺伝的要素が関係していると過去の研究で分かってきています。

どういうものが遺伝するのかというと、5αリダクターゼの活性力の高さになります。

さらに残念なことに、5αリダクターゼの活性力は優性遺伝です。

ですので、あなたの両親のどちら方が5αリダクターゼの高い活性力があると、あなたにもかなり高い確率で遺伝すると言うことなんですね。

母親は、高い活性力の遺伝子があっても、女性ホルモンの方が多いために薄毛にならない可能性があります。

母親のお父さん(あなたからするとおじいちゃん)がハゲているかどうか一度チェックしてみてくださいね。

育毛 進育毛 進

ヤバイ、、母方の祖父は頭がツルツルだ・・・泣

5αリダクターゼの働きを阻害して過剰分泌を抑制する方法とは?

5αリダクターゼのメカニズムや、AGAとの関係について解説してきました。

5αリタダクターぜは遺伝するし、もうAGAによる薄毛は止めれないのでは・・・?と思う人もいるかと思います。

大丈夫です!これからご紹介する5αリダクターゼの抑制方法を取り入れれば、分泌量を減らすことができます。

5αリダクターゼの抑制・阻害方法①:プロペシアやミノキシジル

医薬品

AGAの治療薬プロペシアの主成分であるフィナステリドには、Ⅱ型5αリダクターゼの働きを抑制してハゲを回復する効果があります。

もともと、フィナステリドは前立腺肥大の症状に効果的な治療薬として使われていました。

研究が進むにつれて、5αリダクターゼの抑制効果もあると言うことがわかり、アメリカや日本の厚生労働省でもAGAの治療薬として唯一認可されている医薬第一類医薬品になります。

また、ミノキシジルは5αリダクターゼの分泌量には直接作用はしませんが、AGAによって収縮した血管を拡張して頭皮の血行促進することで発毛する治療薬になります。

プロペシアやミノキシジルは高いAGAの薄毛を食い止め発毛効果がありますが、そのぶん高い副作用もあります。

第一類医薬品医薬品の副作用
ミノキシジル血圧の低下、心拍数の増加、心筋梗塞、頭痛、ED、吐き気、頭皮の痒みやかぶれ
プロペシア精子の減少、性欲の低下、勃起障害、肝機能の低下、妊娠した胎児のへの悪影響(女性)

副作用によって男性の精子の量が減ったり、女性の方でもし妊娠している場合だと胎児まで悪影響を及ぼす可能性があり危険が伴います。

また、AGA治療薬はドラッグストアでは変えず、AGAクリニックなど病院での検査が必要になります。

さらに保険適用外で治療薬に高額のお金がかかってしまいますので、いきなりAGAの改善に治療薬はあまりオススメはできません。

5αリダクターゼの抑制・阻害方法②:食品(食べ物)や育毛サプリ

プロペシアを使わなくとも、毎日の食事やサプリを摂取することでαリダクターゼの分泌を抑制することができます。

食べ物には、副作用がないので安心して取り組むことができると思います。

5αリダクターゼを阻害する食べ物やサプリメントについてまとめてみました。

髪の毛の再合成やDHTを抑制する亜鉛

亜鉛には5αリダクターゼの働きを阻害する働きがあるだけでなく、髪の毛をタンパク質から再合成して作るためにも欠かせない栄養素になります。

亜鉛は食の欧米化やファーストフードなどが出てきたことで、男性女性とわず亜鉛が不足しています。

そのため、髪の毛を作るのに必要なケラチンタンパク質が作られず細くよわった髪の毛を生成してしまうのです。

亜鉛を含む食べ物には以下の食べ物があります。

  • 牡蠣
  • 煮干し
  • ビーフジャーキー
  • 豚のレバー
  • 牛の肩のお肉
  • 卵黄
  • ごま

男性ホルモンを減らすイソフラボン

イソフラボンは美容にも効果的ですので、女性の方であれば一度は聞いたことはあるのではないでしょうか?

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをすると言われています。

そのため、男性ホルモンの量をイソフラボンによって減らすことで、5αリダクターゼと結びつく量を減らす事が可能になります。

  • 納豆
  • 豆腐
  • 豆乳
  • きな粉

などの大豆製品にイソフラボンは多く配合されています。

さらに、大豆製品と一緒に緑茶や紅茶を飲むと、茶のなかに含まれるカテキンが作用してDHTやテストステロンを効率よく減少することができます。

育毛サプリメントには欠かせないノコギリヤシ

ノコギリヤシは北米大陸南部からメキシコに生殖している薬草で、5αリダクターゼの働きを抑制する作用があります。

ノコギリヤシに含まれているβシステロールとオクタコサノールという成分が作用して5αリダクターゼを阻害します。

ノコギリヤシは、北米大陸の先住民であるインディアンの時代から健康目的に使われており、フィナステリドやミノキシジルのような薬と違い副作用がありません。

薄毛の改善には欠かせない成分ですので、サプリメントを選ぶ際にはノコギリヤシが配合されているかどうかチェックしましょう。

5αリダクターゼの抑制作用があるアロエ

アロエに含まれるアロインと呼ばれる成分が5αリダクターゼを阻害すると言われております。

アロエを直接頭皮に塗布すると効果があると言われておりますが、中には肌に合わない人もいます。

ですので、アロエを使用する際は注意するようにしましょう。

ミカンにも5αリダクターゼの抑制作用がある

ミカンの皮に含まれるリモネンと呼ばれる成分が5αリダクターゼの抑制作用があります。

5αリダクターゼの抑制・阻害方法③:育毛剤で対策

5αリダクターゼを抑制するための方法として育毛剤を使うことも有効です。

育毛剤に配合される5αリダクターゼ成分には「オウゴンエキス」「クララエキス」「大豆エキス」「ヒオウギ抽出液」「ビワ葉エキス」「チョウジエキス」などがあります。

育毛剤のなかでも特に5αリダクターゼの抑制・阻害する成分が配合されているのが「薬用育毛剤イクオス」です。

イクオス本体

薬用育毛剤イクオスには、5種類もの成分が配合されており、人気な育毛剤であるチャップアップやブブカより配合量が多い育毛剤です。

私自身も薄毛に悩まされており、母方の祖父もハゲているので遺伝によるAGAに悩まされています。

ですので、5αリダクターゼの抑制効果が期待できるイクオスを使用しています。

詳しくイクオスについて知りたい人は私のレビュー・体験談を一度チェックしてみてくださいね。

>イクオスのレビュー・体験談はコチラ

今すぐAGA治療!5αリダクターゼの働きを抑制してハゲ防止

今回は、AGAの原因である5αリダクターゼとは何なの?どのように抑制・阻害すればいいの?について解説してきました。

まず第一に日々の食生活を見直し、特に「亜鉛」「大豆製品」を多く摂取するように心がけましょう。

いきなりAGA治療薬は高いですし、何より副作用の恐れがあるのでまずは育毛剤で薄毛対策をすることをオススメします。

育毛剤の中にも、副作用がでる可能性のあるものもあります。

副作用なく5αリダクターゼを抑制する育毛剤はどれなの?と思う人もいるかと思います。

もう一度検索して調べるのは大変だとおもいますので、安全で完全無添加・無香料の育毛剤を厳選して3つ選ばしていただきました。

下に3つ育毛剤をご紹介いたしましたので、5αリダクターゼの抑制に育毛剤を使い効率よくハゲを改善したい!という人はぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

 

 

⬇【10月限定お得情報】特別キャンペーン中!⬇



>特別キャンペーンページの詳細を見てみる<

 

ranking

1位:チャップアップ
定期便で月々7400円と予算が1万円以下で抑えたい方におすすめ

育毛業界最大級の81種類の育毛成分が配合されている。

・副作用なく「ミノキシジル」と同等の発毛効果のあるM-034(海藻エキス)配合

永久に「全額返金保証」があるから初心者の方でも安心して試スことができる。

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

口コミ・評判で一番人気な育毛剤。

利用者の97%の人が育毛・発毛効果を実感した。

⬇チャップアップについて詳しく知りたい方へ

=>チャップアップの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

チャップアップ公式サイトはこちら

2位:イクオス
・リニューアルして育毛成分が61種類となり、毛根まで届く低分子ナノ水配合

月々6458円と月々1万円以下で抑えたい人におすすめ

・副作用の成分なくM-034が品質改良された新成分「Algas-2(アルガス-2)」配合

45日間以内であれば「全額返金保証」があるため初心者でも試せる。

DHTを抑制する成分が5種類と他より多く配合

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

⬇イクオスについて更に詳しく知りたい方へ

=>イクオスの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

イクオス公式サイトはこちら

3位:フィンジア
キャピキシル5%配合ピディオキシジル2%配合とスカルプエッセンスで最高濃度の配合量

・キャピキシル配合育毛剤で唯一月々の価格が1万円を切っている

・副作用がでるような成分は配合されておらず安全

購入後30日以内であれば全額返金保証制度がある

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

カプサイシンの成分によって浸透力がある

男性女性問わず利用することができる

⬇フィンジアについて更に詳しく知りたい方へ

=>フィンジアの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

フィンジア公式サイトはこちら

どの育毛剤が良いか迷っている方は、あなたにぴったりの育毛剤を30秒で無料診断します!

あなたの薄毛の部位、頭皮の状態からにあった適切な育毛剤を診断します。

30秒で無料診断!あなたにおすすめの育毛剤はコレ!

sindanstart