抜け毛や薄毛が気になりだした人であれば、一度は目にしたことがある「ヘアサイクル」。

良く、「ヘアサイクルの乱れの1番の原因はAGAである」「ハゲを改善するためにはヘアサイクルを正常化する必要がある」

といった文言がありますが、そもそもヘアサイクルとは一体なんなのでしょうか?

ヘアサイクルの正しい知識をみにつけることが、薄毛や抜け毛を改善する上でとても重要であります。

今回は、ヘアサイクルとは?ヘアサイクルが乱れる原因と改善方法について詳しく解説していきたいと思います。

ヘアサイクルって何?

髪の毛の伸びる仕組みをまずは知ろう!

ヘアサイクルを理解する上で、まずは髪の毛の構造について簡単に説明したいと思います。

そもそも、髪の毛はどのようにして伸びて成長していっているのでしょうか。

hair_system

髪の毛は、「毛包」と呼ばれる部分で作られます。その毛包の中に「毛球」というものがり、毛球は上図のように毛母細胞と毛乳頭細胞からできています。

毛母細胞は、毛乳頭から指示を受けて、頭皮に張り巡らされている毛細血管から栄養や酸素を受け取ります。受け取った栄養素を元に、毛母細胞が細胞分裂をくりかえすし髪の毛は作られてどんどん伸びていきます

これが、髪の毛が伸びる仕組みになっています。

髪の毛の本数と1日に抜ける抜け毛の量

man_kaminoke-compressor

そもそも人間の髪の毛はどれくらいの本数が生えているのでしょうか?

人それぞれ体質や、頭の形など違うので一概には言えませんが、一般的に人の髪の毛の本数は約10万本と言われています。

そして、1日に平均して50本から100本近く髪の毛が生活する中で抜けていきます

そんなに抜けているの?と思う人もいるかと思いますが、100本程度は自然脱毛で男女問わず抜けていますので、全く心配する必要はありません。

朝起きたときに枕元に抜けていたり、シャンプーをした時に手に絡まったり、ドライヤーをした時に床にたくさん抜けていたりするのは自然な現象で誰もが見る光景だと思います。

どうして髪の毛は抜けていくのでしょうか?それを知るために鍵になってくるのが「ヘアサイクル」です。

ヘアサイクルと抜け毛のメカニズムを知ることで薄毛やハゲになる原因を知ることができます。

詳しくヘアサイクルについて詳しく解説していきたいと思います。

【育毛剤カレッジ関連記事】

=>抜け毛の本数は何本からやばい?1日平均どのくらい量が正常?

ヘアサイクル(毛周期)とは?図で詳しく解説

髪の毛は、1日に0.3ミリ〜0.5ミリ、1ヶ月に約1センチ、1年で約12センチ〜15センチ程度伸びています。

しかし、髪の毛というのは一生伸び続けるわけでなく、ある一定の期間が経つと自然と抜け落ちて、抜けたところから新しい髪の毛が生えてきます。

このように1本の髪の毛が成長し始めてから、抜け落ちるまでの周期を「ヘアサイクル(毛周期)」といいます。最近では「発毛サイクル」とも呼ばれることもあります。

通常、髪の毛の寿命は平均して男性の場合は3年から5年、女性の場合は4年から6年とされています。

ヘアサイクル

成長し始めて、抜けるまでのヘアサイクルには3つの期間があります。

それが、成長期・退行期・休止期になります。この3つの期間を経て髪の毛は成長し抜けていっています。

それでは、3つの期間でどのように髪の毛が変化していっているのかについて見ていきたいと思います。

ヘアサイクルにある3つの期間と働き

ヘアサイクルには、成長期と退行期、休止期の3つがあることを説明しました。それぞれの期間で髪の毛がどのような働きをしているのでしょうか。

ひとつずつ期間を見ていきたいと思います。

成長期:髪の毛が伸びている期間

seityoki

成長期とは、髪の毛の元となる毛母細胞が細胞分裂を活発に繰り返している時期で、髪の毛がどんどん伸びている時期です。

成長期にある髪の毛は、1ヶ月に1センチ程度伸び続けています。

成長期は、ヘアサイクルのなかで1番長い期間で、平均的は髪の毛では、2年から5年は続きます。成長期が、長ければ長いほど、髪の毛が太く丈夫に育っていきます。

今、あなたに生えている毛髪の90%程が、成長期にある髪の毛になります。

退行期:毛母細胞の分裂が弱まる時期

taikoki

退行期は、成長期で細胞分裂を活発に繰り返していた毛母細胞の働きが弱まり、髪の毛の成長が徐々に弱っていく時期になります。

髪の毛が成長しきって退行期に入ると、髪の毛の色を決めている色素細胞の活動も止まります。

退行期の期間は、約2.3週間で髪の毛の成長期が急速に弱まり、抜ける準備に入ります。

今、あなたに生えている毛髪の1%程度が退行期の期間にあります。

休止期:髪の毛の成長が止まる時期

kyusiki

休止期は、退行期で活動が低下した毛母細胞の細胞分裂を止めて、髪の毛の成長を完全に止める時期になります。

成長が止まった髪の毛は次の新しい髪の毛を育て始めるために、徐々に上に移動して、抜けやすい状態になります。普段、ブラッシングで髪の毛を整えたり、ドライヤーで頭を乾かした時に抜ける毛のほとんどは、休止期にある髪の毛になります。

休止期は、2~4ヶ月続きます。今、あなたに生えている毛髪の10%程度が休止期に当たります。

ヘアサイクルの回数は?

ヘアサイクルの回数は何回なのでしょうか?毛母細胞は一生働き続けるのでしょうか。

結論から言いますと、人間が一生で繰り返すヘアサイクルは無限ではなく、15回ほどになります。

髪の毛1つ1つを包んでいる毛包は別々に周期を営んでいるため、猫や犬のように一度に、どっと抜けることはありません。

ですので、10万本もある中から1日50本や100本程度抜けても再び、抜けたところから髪の毛が生えてくるので全くハゲる心配することは無いということです。

ヘアサイクルと抜け毛・薄毛の関係性とは?

では、どうして抜け毛が増えて薄毛やハゲになっていくのでしょうか?成長期にある髪の毛が90%も存在しているので、普通であれば毛が抜けたとしても、ハゲることはありませんよね。

なぜ、10万本のうち90%の成長期にあるのにも関わらず薄毛やハゲになってしまうかと言いますと、ヘアサイクルが乱れることによって成長期が短くなり、十分に成長しないまま抜けてしまうからです。

ヘアサイクル

上図のように、通常、正常であれば3年~5年あった成長期の期間がヘアサイクルの乱れで数ヶ月から1年になり、早く後退期・休止期の期間に変わってしまうため、抜け毛が増えていくのです。

つまり、薄毛やハゲになってしまうのは、

生えてくる髪の毛の量<髪の毛が抜け落ちる量

ということが原因だということになります。

ヘアサイクルの乱れによって起こる具体的な症状とは?セルフチェック

ヘアサイクルが乱れると、髪の毛や頭皮にどういった症状がでるのでしょうか?一度、あなたも自分の髪の毛の質をセルフチェックしてみてください。

主な症状として、

①:抜け毛が以前よりも目につくようになる

②:髪の毛が細くなりコシがなくなる

③:髪の毛が伸びない、遅くなった

④:頭皮の地肌が見えるようになった

⑤:髪の毛にボリューム感が無くなりセットしてもきまらなくなった

⑥:頭皮が脂っぽくなる

⑦:フケやかゆみでる

といった症状がでてきます。どうでしょうか?もし、当てはまるものがある場合、ヘアサイクルが乱れており薄毛になる可能性があります。

ヘアサイクルの乱れの原因とは?

ヘアサイクルの乱れが、抜け毛の量が増えて薄毛、ハゲになってしまう原因とであると解説しました。

どうしてヘアサイクルが乱れ、薄毛になっていくのでしょうか?ヘアサイクルが乱れる原因について詳しく解説していきたいと思います。

ヘアサイクルの乱れの原因①:AGA(男性型脱毛症)

男性で薄毛に悩む人の1番の原因は、AGAによってアサイクルが乱されることです。日本人男性で薄毛に悩む人のうち、1200万人もの人がAGAによる薄毛に悩まされています。

実に成人男性のうち4人に1人がAGAによる薄毛に悩まされていると言うことになります。

頭皮の毛根近くの皮脂線から分泌される5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素が、男性ホルモン(テストステロン)と結びつくことで、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる悪性の脱毛ホルモンに変化してしまいます。

before

この脱毛作用があるDHTが、毛乳頭細胞に作られることによって、ヘアサイクルが乱されまだ成長期にある髪の毛の成長を止めて、早く終わらせてしまうためです。

とくに5αリダクターゼは、頭の前頭部(生え際やおでこ)や頭頂部(つむじやてっぺん)の細胞に多く存在しているためにM字はげやつむじハゲに悩まされる人が多いのです。

ヘアサイクルの乱れの原因②:ストレスによる血行不良

shigoto

現代社会はストレス社会と言われるほど、私達の仕事や家庭、先輩や上司との人間関係など生活においてストレスを感じながら生きています。

ストレスを溜め込みすぎると、自律神経が乱れてしまい血管が収縮してしまいます。

そのために、頭皮の細胞に髪の毛を作るのに必要な栄養や酸素が十分に届かないために髪の毛が細く弱く育ち早く抜けていきます。

髪の毛は、直接自分の生命に関わる部位ではありません。

そのため、栄養を届ける優先順位が1番低いと体が判断しているために、ただでさえ頭皮に栄養や酸素が届きにくい状態になっています。

ですので、ストレスを溜め込みすぎることヘアサイクルを乱し、抜け毛が増えていってしまうのです。

ヘアサイクルの乱れの原因③:偏った食生活による栄養不足

日本の食事はどんどん欧米化が進んでいると言われていますが、髪の毛にとっても欧米化は大敵です。

日本は、アジアでも1番「薄毛大国」と言われており、薄毛が少ない中国と比べると食生活が大いに違うと言われています。

脂っこいものや高カロリーの食事によって頭皮から皮脂が過剰に分泌されることになり、毛穴を詰まらせてしまう原因になります。

皮脂で頭皮環境が悪化して毛穴が詰まってしまうと、痒みやフケがでたり頭皮トラブルの原因になり髪の毛の成長を妨げてしまいます。

ヘアサイクルの乱れの原因④:喫煙

tabako-compressor

たばこには含まれている有害物質であるニコチンやタールには、体の血管を収縮し血行不良を引き起こしてしまいます。

そのため、頭皮の栄養不足を招いていしまいます。

さらに、世界大学ランキング1位にもなっているアメリカにあるハーバード大学の調査によって、喫煙することによって男性ホルモンの分泌を増加する作用があること分かりました。

男性ホルモンが多くなるということは、頭皮にある5αリダクターゼと結合してより多くの脱毛ホルモンDHTを生成してしまうと言うことになります。

【育毛剤カレッジ関連記事】

=>薄毛・抜け毛の原因は喫煙だった!ハゲとタバコの関係と改善方法

ヘアサイクルを改善して正常化に戻す方法とは?

ヘアサイクルの乱れの原因について詳しく解説してきました。乱れたヘアサイクルを改善して髪の毛のサイクルを正常化に戻すには具体的にどういった対策をすればいいのでしょうか。

ヘアサイクルの改善方法について解説していきたいと思います。

ヘアサイクルの改善方法①:生活習慣を見直す

まずは生活習慣を見直しましょう。毎日コンビニ弁当やカップ麺で食事を済ましたり、たばこを吸ったり、睡眠不足であったりしてはいないでしょうか?

これらの生活習慣は、DHTの増加を招いたり栄養不足を招いていします。

1日3食バランス良く栄養を摂取し、睡眠を取って髪の毛の成長を促進しましょう。

もし、あなたがたばこを吸っているのであれば、さすがにすぐには辞めることができないと思います。ですので、1日吸うたばこの量を徐々に減らしていって辞めるようにしましょう。

ヘアサイクルの改善方法②:血行の流れを良くする

血行促進の効果

ただでさえ栄養や酸素が届きにくい頭皮に、太く丈夫な髪の毛を生成してもらうために体の血行の流れを改善しましょう。

血行の流れを良くする方法には、以下のような方法があります。

・適度な運動をして、細胞の活性化をする

・お湯に使って体のコリをほぐして血行の流れを良くする

・脂っこいものを控える

・頭皮マッサージをする

適度に運動をしたり、お湯に浸かることでストレスを発散することができるので特におすすめな対策方法になります。

ヘアサイクルの改善方法③:育毛剤を使う

育毛剤を使ってヘアサイクルを改善するのに、1番高い効果を期待できるのが育毛剤を使うことです。

育毛剤に配合される成分には、頭皮の血行促進や、頭皮環境を整える、DHTが生成される原因である5αリダクターゼの抑制する効果が期待できます。

どうしても仕事が忙しくて、バランス良く栄養を摂取できなかったり、睡眠時間を確保できなかったりと、対策を継続してできない人も中にはいるのではないでしょうか?

育毛剤であれば、1日1回数分でヘアサイクルの乱れを改善する事が可能になります。

普段、忙しけどハゲたくない!っ人には育毛剤という選択肢もありではないのでしょうか?

>>ヘアサイクルの乱れを予防・改善するおすすめの育毛剤はこちら<<

ヘアサイクルを改善するために必要な期間は?

もし、ヘアサイクルが乱れている場合、ヘアサイクルを改善して正常化に戻すのに必要な期間はどのくらいなのでしょうか?

乱れたヘアサイクルを改善するために必要な期間は、最低でも3ヶ月はかかります。

なぜなら、ヘアサイクルの休止期の期間は3ヶ月であるため、改善を初めて太く丈夫な髪の毛が生えてくるまで最低でも3ヶ月かかってしまいます。

育毛剤を使い、生活習慣や血行の流れを良くする対策したけど、すぐには薄毛が改善したり抜け毛の量が減るわけではありませんので、すぐに諦めたりしはしないようにしましょう。

ヘアサイクルのまとめ

髪の毛がどうして伸びるのか?ヘアサイクル(毛周期)とは?について詳しく解説してきました。

薄毛・ハゲになる原因は、ヘアサイクルの乱れによる事が分かりました。

ヘアサイクルの乱れの1番の原因はAGAによるものです。今日本いる1200万人がAGAによる薄毛に悩まされています。

AGAによるヘアサイクルの乱れを改善するためには、正直に言いまして、生活習慣を改善するだけでは改善することは難しいです。

AGAを改善するためには、脱毛ホルモンDHTの生成を防ぐために5αリダクターゼの働きを抑制する必要があります。ですので、5αリダクターゼの働きを抑制してDHTを作らせないためには、育毛剤を使うことをおすすめします。

育毛剤の成分効果で、直接DHTの生成を減らさない限り薄毛がどんどん進んでいきます。

AGAによって、生え際やつむじハゲになる前に早めに対策をしましょう。

育毛剤をもう一度検索して調べるのは、大変だとおもいますので下にヘアサイクルを改善する高い効果が期待できる育毛剤を厳選して選んでおきました。

ヘアサイクルの乱れで髪の毛が抜けていくのを改善しないと、ヘアサイクルは15回と限りがあるので、今すぐに対策を始めないと、ヘアサイクルが終わり髪の毛が生えてこない可能性があります。

ですので、薄毛、抜け毛を気になりだした今対策を始めましょう。

【12月限定お得情報】特別キャンペーン中!



>特別キャンペーンページの詳細を見てみる<

 

ranking

1位:チャップアップ
定期便で月々7400円と予算が1万円以下で抑えたい方におすすめ

育毛業界最大級の81種類の育毛成分が配合されている。

・副作用なく「ミノキシジル」と同等の発毛効果のあるM-034(海藻エキス)配合

永久に「全額返金保証」があるから初心者の方でも安心して試スことができる。

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

口コミ・評判で一番人気な育毛剤。

利用者の97%の人が育毛・発毛効果を実感した。

⬇チャップアップについて詳しく知りたい方へ

=>チャップアップの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

2位:イクオス
・リニューアルして育毛成分が61種類となり、毛根まで届く低分子ナノ水配合

月々6458円と月々1万円以下で抑えたい人におすすめ

・副作用の成分なくM-034が品質改良された新成分「Algas-2(アルガス-2)」配合

45日間以内であれば「全額返金保証」があるため初心者でも試せる。

DHTを抑制する成分が5種類と他より多く配合

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

⬇イクオスについて更に詳しく知りたい方へ

=>イクオスの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

イクオス公式サイトはこちら

3位:フィンジア
キャピキシル5%配合ピディオキシジル2%配合とスカルプエッセンスで最高濃度の配合量

・キャピキシル配合育毛剤で唯一月々の価格が1万円を切っている

・副作用がでるような成分は配合されておらず安全

購入後30日以内であれば全額返金保証制度がある

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

カプサイシンの成分によって浸透力がある

男性女性問わず利用することができる

⬇フィンジアについて更に詳しく知りたい方へ

=>フィンジアの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

フィンジア公式サイトはこちら

どの育毛剤が良いか迷っている方は、あなたにぴったりの育毛剤を30秒で無料診断します!

あなたの薄毛の部位、頭皮の状態からにあった適切な育毛剤を診断します。

30秒で無料診断!あなたにおすすめの育毛剤はコレ!

sindanstart

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。