最近、抜け毛が増えて前髪がスカスカになってきたと感じてはいないでしょうか?

前髪が薄くなってくると、外見に大きな影響を与えてしまうので誰かに会う時に毎回気にしてしまうようになり、かなりコンプレックスに感じてしまいますよね。

男性だけでなく、女性の方でも多く悩む前髪の薄毛に悩まされています。

今回は、

・前髪の薄毛の基準とは?

・前髪がハゲる原因とその対策方法とは?

について詳しく解説していきたいと思います。

ぜひ、最後までお読み頂き前髪の改善策を知りハゲる前に、すぐに対策をしていただきたいと思います。

視線がつい気になってしまう前髪の薄毛・・・

最近、

「前髪が抜けておでこが広くなってきたように感じる」

「まだ若いのに、前髪が薄くなって恥ずかしい」

なんて、悩んではいないでしょうか?

前髪がハゲてしまうと、すぐに相手にばれてしまうために前髪が薄毛だけで老けて見られたりしますのですぐに隠したりする人もいるでしょう。

ツイッターで悩みを調べてみると、意外にも10代、20代の若い女性から男性まで幅広い人が悩んでいることが分かりました。

男女問わず、多くの方が悩まされている前髪の薄毛の原因は一体何なのでしょうか?詳しくみていきたいと思います。

前髪の薄毛・ハゲの基準や特徴は?画像で詳しく解説!

まずは、前髪の薄毛の原因を解説するまえに、そもそも前髪の薄毛の特徴や基準について詳しく解説していきたいと思います。

男性の前髪ハゲの基準と定義

まずは男性の前髪ハゲの基準について解説したいと思います。

画像のように明らかにおでこが広くなっている場合は前髪ハゲです。

自分が前髪ハゲかどうかの定義はなかなか判断しにくいかと思います。ですので、自分でできる確認方法について解説します。

【前髪の薄毛の基準】

①:まず前提として、眉毛を動かした時に動くのがおでこで、それより上が頭皮となります。

②:前髪がハゲているかどうかは、眉毛と生え際の距離で図ります。もし眉毛と生え際の距離が7cm以上だと前髪ハゲの可能性が高いです。

③:日本人のハゲの定義として、指を揃えて4本以上おでこにはいる場合はハゲと言われています。3本でも薄毛予備軍ですので、すぐに対策が必要になります。

女性の前髪の薄毛の基準と定義

女性の前髪の薄毛の基準ですが、結論から言いますと男性の基準とは違い明確な基準がありません。

画像のように、明らかに以前より前髪の量が減ったな、隙間ができるようになったな、と感じる場合は前髪の薄毛の可能性があります。

前髪の薄毛の前兆とは?ハゲる初期症状(サイン)を知りまずはチェック!

前髪ハゲの前兆について解説したいと思います。

あなたもハゲる初期症状があてはまるか?チェックしてみてくださいね。

【前髪の薄毛の前兆・初期症状】

・以前に比べて髪の毛が細くなった

寝起きの枕元やシャワー後の排水溝にたまる抜け毛が増えた

頭皮にベタつきがでてきたりフケが目立つようになった

髪の毛全体にボリューム感がなくなってきた

・髪の毛にハリやツヤがなくなりボサボサになってきた

以上にあげた症状に当てはまる人が場合には、ハゲる前兆の可能性があります。

今一度、髪の毛の状態をチェックしてみてくださいね。

前髪の薄毛・ハゲの原因とは?男性と女性別に解説

次に前髪の薄毛の原因について詳しく解説していこうと思います。

男性、女性それぞれ特有の薄毛の原因がありますので、別々と共通する原因をわけて解説したいと思います。

男性の前髪の薄毛の原因①:AGA(男性型脱毛症)

男性の前髪ハゲの原因は、AGA(男性型脱毛症)です。

薄毛に悩む実に9割がAGAによる薄毛に悩まされおり、一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

AGAは、脱毛作用があるジヒドロテストステロンが頭皮にある毛母細胞と言うところで作られると、抜け毛を引き起こし薄毛になります。

男性ホルモンという「テストステロン」と皮脂腺が分泌される5αリダクターゼが結びつくことで、生成されます。

皮脂腺にある5αリダクターゼは前頭部や頭頂部に多く存在しているために、前頭部や頭頂部の薄毛に悩まされる人が多いのです。

女性の前髪の薄毛の原因①:びまん性脱毛症(FAGA)

女性の前髪の薄毛の大きな原因は、びまん性脱毛症です。別名FAGA(女性男性型脱毛症)とも言います。

びまん性脱毛症は、AGAによる薄毛のメカニズムと同じく毛母細胞にジヒドロテストステロンが作られることによって抜け毛が増えます。

女性の場合は、女性ホルモンという「エストロゲン」が男性ホルモンよりも多いため通常ジヒドロテストステロンは作られにくいです。

しかし、産後や更年期に入ると女性ホルモンのバランスが崩れて減少してしまうため、男性と同じように抜け毛が引き起こされます。

女性の前髪の薄毛の原因②:牽引性脱毛症

もう一つ女性特有の薄毛の原因が、牽引性(けんいんせい)脱毛症です。

牽引性脱毛症とは、ポニーテールや三つ編みなどの髪が引っ張られる行為による負担から髪の毛が抜けてしまう脱毛症です。

オールバックやお団子などのヘアスタイルをよくしていると、前髪が引っ張られてしまい抜け毛が増えてしまいます。

女性の前髪の薄毛の原因③:産後の抜け毛

びまん性脱毛症のところにもでてきましたが、一時的に産後に抜け毛が急激に増えることがあります。

産後から6週間から8週間程度は、どうしてもホルモンのバランスが崩れてしまい抜け毛の量が増えてしまいます。

産後による抜け毛は、一時的で時間とともに治っていくので産後の抜け毛にそれほど敏感になる必要はありません。

男女共通の薄毛の原因①:生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れることによって男性も女性も前髪が薄くなることがあります。

睡眠不足

髪の毛は、寝ている間に分泌される成長ホルモンによって成長します。

毎日仕事で夜遅くなったり、夜中まで遊んで不規則な睡眠になってしまうと、十分に髪の毛が成長できなくなってしまいます。

偏った食生活による栄養不足

外食やファーストフード、コンビニ弁当ばかり食べていると、髪の毛の栄養素である亜鉛やビタミンとタンパク質が不足し、発毛力の低下につながります。

また女性のかたに多いですが、ダイエットで過度な食事制限による栄養不足を引き起こす場合もあります。

飲酒・喫煙

タバコに含まれれるニコチンには、血管を収縮させる作用があります。

血行の流れが悪くなると、十分に摂取した栄養が頭皮の細胞まで届かなくなり細くよわった髪の毛の生成につながります。

また、お酒に含まれるアルコールをとりすぎると、アルコールを分解するために髪の毛に必要な栄養素が使われてしまいます。

目の疲れ

毎日何時間もパソコンをしたりスマホを触ったりしてはいないでしょうか?

目の疲れによる肩こりによって血行の流れが悪くなり、頭皮への栄養不足につながります。

男女共通の薄毛の原因②:ストレス

毎日追われる仕事や、職場や上司、同僚との人間関係、家庭などでストレスを抱えてはいないでしょうか?

ストレスを溜め込みすぎると、自律神経が乱れてしまい血管が収縮してしまいます。

また、自立神経が乱れることで、特に女性の方はホルモンバランスが崩れて髪の毛の成長を止めて、脱毛を引き起こしてしまいます。

前髪の薄毛の対策方法を解説!ハゲる前に治して育毛しよう!

前髪の薄毛の原因について解説してきました。

では、どのようにすれば前髪の薄毛を改善して育毛することができるでしょうか?

対策方法を一つ一つ詳しく解説していきたいと思います。

前髪の薄毛の対策方法①:髪型(ヘアスタイル)を変える

女性のかたで、ポニーテールや三つ編みなどの牽引性の原因になってしまうような髪型や普段から分け目がずっと同じ人は、今すぐに髪型を変える必要があります。

同じ髪型や同じ分け目を長期間続けていると、頭皮の一部に負担や刺激がかかってしまい、負担がかかった場所からハゲてしまいます。

それらを防止、改善するためショートに切ってみたりいつもと髪型を変えることが有効です。

前髪の薄毛の対策方法②:生活習慣の改善

薄毛改善の第一歩としてまずは、自分の生活習慣を見直し改善していきましょう。

脂質や塩分の多いジャンクフードやカップラーメンを食べるのはなるべく避けて、ミネラルやタンパク質、アミノ酸など髪の毛に必要な栄養を取るようにしましょう。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは22時から2時の間に最も分泌されます。

さすがに22時にはねれない方でも0時には寝るようして、最低でも毎日6時間の睡眠時間を確保するようにしましょう。

生活習慣を改善することは育毛・発毛するための土台なので、まずは私生活を見直し食事・睡眠を変えていきましょう。

前髪の薄毛の対策方法③:頭皮マッサージをして血行促進

頭皮マッサージ

前髪の薄毛の原因のところで、ストレスやタバコを吸うと血行不良になり十分に栄養が届かなくなると解説しました。

頭皮の血液の流れをよくするために、頭皮マッサージを取り入れましょう。

1番オススメなのは、湯船に浸かりながら頭皮をマッサージすることです。

湯船に浸かると、全身の血行の流れも良くなりより頭皮マッサージの効果が高まります。

前髪の薄毛の対策方法④:育毛剤で効率よく改善する

前髪の薄毛対策として、育毛剤を併用して効率よく薄毛を改善することをオススメします。

育毛剤には、頭皮環境を整え、血行促進、AGA・FAGAの原因である5αリダクターゼの抑制など、薄毛になる原因に作用します。

特に30代以降の男性や40代以降の女性の薄毛の原因は、生活習慣を変えるだけでは治りにくいです。

前髪がハゲると第一印象でもすぐに分かってしまうので、気づいた今、育毛剤を使うと良いでしょう。

もう一度育毛剤について検索するのは大変ですので、今最も人気な育毛剤をご紹介したいと思います。

男性にオススメの育毛剤は「薬用育毛剤イクオス」です。

イクオス本体

薬用育毛剤イクオス公式サイトを見てみる

AGAクリニックで治療する前に、まずは育毛剤を試してみてくださいね。

女性にオススメの育毛剤は「ベルタ育毛剤」です。

ベルタ育毛剤公式サイトを見てみる

ぜひ、気になる方はチェックしてみてくださいね。

人は見た目が重要!前髪が薄毛になる前に予防して回復!

前髪の薄毛の原因とその対策方法について詳しく解説してきました。

前髪がハゲてしまうと、すぐに見た目で分かりますし隠すことができないですよね。

どんどん薄毛になる前に予防していかないと、前髪からハゲていってしまいます。

ハゲてから、他人の目線を気にしたり毎日悩んだりしたくないですよね。

そろそろヤバイかも!と思った今、今回ご紹介した対策方法で回復していきましょう。

 

 

ranking

1位:チャップアップ
定期便で月々7400円と予算が1万円以下で抑えたい方におすすめ

育毛業界最大級の81種類の育毛成分が配合されている。

・副作用なく「ミノキシジル」と同等の発毛効果のあるM-034(海藻エキス)配合

永久に「全額返金保証」があるから初心者の方でも安心して試スことができる。

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

口コミ・評判で一番人気な育毛剤。

利用者の97%の人が育毛・発毛効果を実感した。

⬇チャップアップについて詳しく知りたい方へ

=>チャップアップの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

チャップアップ公式サイトはこちら

2位:イクオス
・リニューアルして育毛成分が61種類となり、毛根まで届く低分子ナノ水配合

月々6458円と月々1万円以下で抑えたい人におすすめ

・副作用の成分なくM-034が品質改良された新成分「Algas-2(アルガス-2)」配合

45日間以内であれば「全額返金保証」があるため初心者でも試せる。

DHTを抑制する成分が5種類と他より多く配合

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

⬇イクオスについて更に詳しく知りたい方へ

=>イクオスの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

イクオス公式サイトはこちら

3位:フィンジア
キャピキシル5%配合ピディオキシジル2%配合とスカルプエッセンスで最高濃度の配合量

・キャピキシル配合育毛剤で唯一月々の価格が1万円を切っている

・副作用がでるような成分は配合されておらず安全

購入後30日以内であれば全額返金保証制度がある

無添加・無香料で特有の匂いや髪が痛む成分は配合されていない。

カプサイシンの成分によって浸透力がある

男性女性問わず利用することができる

⬇フィンジアについて更に詳しく知りたい方へ

=>フィンジアの口コミ・体験談はコチラ

⬇最安値の価格で今すぐ購入⬇

フィンジア公式サイトはこちら

どの育毛剤が良いか迷っている方は、あなたにぴったりの育毛剤を30秒で無料診断します!

あなたの薄毛の部位、頭皮の状態からにあった適切な育毛剤を診断します。

30秒で無料診断!あなたにおすすめの育毛剤はコレ!

sindanstart